読者をバカにしてはいけない、の意味。

「いまの読者は、ほんとにバカなんですから」

以前よく一緒に仕事をさせていただいていた年長の編集者が、ある時期からそんなことを言いはじめた。ぼくが30代の前半だったころの話である。

いまの読者はバカだから、むずかしい話はわからない。いまの読者はバカだから、長い話は読んでくれない。いまの読者はバカだから、ひと見開きで完結する程度の情報しか求めていない。いまの読者はバカだから、図版やイラストを使わないとわかってくれない。彼はしきりにそんなことを訴え、実際そんな本を大量生産していった。そして言うのだ。「こういうバカ向けの本で数字を稼いで、年に1冊くらい自分がほんとうにつくりたい本をつくるんです」。

個々人がどんな編集方針を持っていようと構わないのだけど、ぼくに声がかかるのは決まって(彼が言うところの)バカ向けの本ばかりであり、ぼくは少しずつ彼から距離を置くようになった。


「わかりやすい本をつくる」や「わかりやすい表現を心がける」ことの大切さは、ぼくも同意する。いまでもぼくは「わかりにくさ」や「難解さ」の半分以上は、書き手の怠慢だと思っている。同じ内容を語りながらも、もっとわかりやすく、もっと平易な表現を探すことは可能であり、その試行錯誤には終わりがないと思っている。

でも、わかりやすさを心がけるのは「読者がバカだから」ではない。

自分がバカだから、そうするのだ。

読者がどれくらいの理解力や読解力、前提知識を持っているかなんて、知りようがない。であれば、少なくとも「いちばんバカだったころの自分」が読んでも理解できるような表現を心がける。若いころの自分がどれくらいバカだったかは、よくわかっているつもりだ。同時に、そのころの自分が「きみはこれでも読んでなさい」と手渡されたバカ向けの本をよろこぶほど愚かでなかったことも、よくわかっているつもりだ。


「読者をバカにしてはいけない」とは、よく言われることばである。

それは読者の知的レベルを見誤る行為だからいけないのではなく、自分の知的レベルを見誤るという意味で禁忌なのだ。誰かのことを「バカ」だと思っている人は、自分のことを「かしこ」だと思っている。バカに決まっている自分を「かしこ」と思った瞬間、人はほんとのバカになる。

「読者をバカにしてはいけない」とはすなわち、「間違っても自分のことをかしこいと思うなよ」の戒めなのだ。

出る釘は浮かれる。
702

古賀史健

ライター。バトンズ代表。著書「嫌われる勇気」「古賀史健がまとめた糸井重里のこと。」「20歳の自分に受けさせたい文章講義」など。週日更新しています。http://www.batons.jp

古賀史健(2018)

古賀史健の note、2018年分です。
14つ のマガジンに含まれています

コメント5件

俺様の文章読んでみな。バカ丸出しだぜ。
人をバカにしている人を見ると、「この人は、人をバカにされることを心の底では、恐れているのではないかな」と思います。もしくは「自分は本当はバカなんじゃないかと、自分が一番恐れているのではないか」と感じます。バカでもいいじゃないか!
ばかばかばかって言って怒る時は分かって欲しい時もあるかもね。
相手が強すぎて、どうにもできなくて ばか ってくやしくて言う時もあるね。
「バカっていう人がバカなんだよ」っていう子供がいたな。
ばかって言ってバランスとっているのかもね。
傲慢で ばか って言う人は 情けない自分に早く気がつくといいね。
大半の日本人は、ほんまに大バカで、業者のほうが知識はあるんで、仕方がないですよ。
あなたもほんまのバカと違います?
糸井重里さんも、バカだしね。
いわゆるバカの自画自賛、でしょ?
さっき日本の知的レベルを批判する文を書いたばかりで、イラっとしたもので、失礼しました。
https://note.mu/lucamarui/n/n7a171ebf5eca 参照)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。