フリーランスの肩書きについて。

敬愛する田中泰延さんが、無職になったのだそうだ。

そしてあたらしい肩書きを発明したのだという。

フリーランス時代、ぼくも自分の肩書きについて悩む機会は多かった。

とくに20代、その悩みは深かったように思う。もともと社交性の乏しい男である。見知らぬ他人に自分の職業を名乗る機会などない。ぼくと会う人の9割は仕事の関係者であり、ぼくがフリーライターであることを知った上で、会ってくれる。その意味で、肩書き問題に頭を悩ませる必要は、あんまりない。

ただし、こんなぼくにだって他人に自分の肩書きを語らねばならん機会は、あるだろう。「お前は何者なんだ」「職業を名乗れ」と詰問される瞬間が、きっとあるだろう。

そう。なんらかの犯罪をおかしてしまったときだ。たとえそれが冤罪だったとしても、逮捕されたぼくはマスコミの方々からこのように呼ばれるのだろう。



自称フリーライター。



わっはっは。

と笑ったあなたはフリーライターがいかなる存在であるか、ご存知ないのだろう。たとえ稼ぎがあろうとなかろうと、でかい実績があろうとなかろうと、フリーランスの人間は原則として「自称○○」なのである。

たとえばライターの場合、確定申告書の職業欄に「ライター」と書いても「作家」と書いても「文筆家」と書いても「著述家」と書いてもかまわない。なぜならおのれの職業が『自称』だからである。

2年前に会社をつくったぼくは、ようやく「自称フリーライター」を脱し、公的には「経営者」と呼ばれる立場になった。こころのどこかに「自称経営者」じゃないのか、との危惧もあるのだけど、そのへんを決めるのはマスコミのみなさんである。そして逮捕されてみなければわからない問題である。


「自称○○」と蔑まれないために、平穏無事な、清廉潔白な生活を送っていきたいものですね。

郷に入ってはひろみに従え。
77

古賀史健

あなたと社会と世界の『未来』を変えるイイ話

かつて私たちの夢見た豊かな暮らしは、もはや待つだけでは手に入らない。独立自存により『自由』を得て、自分を取り巻く世界の『未来』を変えるための道は、おのずから動く者にのみ開かれる。そのヒントは先達の教えに、世界の歴史に、同業者や異業種の成功事例に――あるいは地下鉄の壁や長屋の...
1つのマガジンに含まれています

コメント3件

昔、亀和田武さんは「フリーという名の失業者」と名乗っていたそうです。
最近"フリーランス"そのものを肩書としている人をネット上でよくみかけるので、気になるテーマでした。30代前半以下くらいの人たちにとっては、"フリーランス"が肩書になり得ているようなのです。
「仕事は?」「会社員です。」というのとなんら変わらないっちゃ、変わらないかもしれませんが。
とはいえ、名刺に"会社員"とは書かないですね。。。
古賀さんと燃え殻さんと私は、「ほぼ日手帳2018」に言葉を収録されてしまったっぽいので、ぜったいに冤罪でも逮捕されぬよう、斎戒沐浴して生きていきましょうwww
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。