いいインタビュー原稿の条件

きょう、急きょ時間をつくっていただいた、取材のような場。

とてもとてもたいせつなお話が聞けたのに、よっぽどあわてていたのだろう。ICレコーダーが回っていなかった、という衝撃の事件が発生した。

帰りのエレベーターで「ひゃあ」と声を上げたぼくは、そのまま編集者に侘びを入れ、喫茶店に直行した。お互いの記憶が新鮮なうちに、その中身を確認しあう作業に入った。さらにはオフィスに戻ったあと、喫茶店でのメモ書きをもとにラフな原稿を書き起こしていった。


出版業界では、取材時に回していたテープを専門の業者さんにお渡しして、「テープ起こし」と呼ばれる素起こしテキストにまとめてもらうことが多い。

けれどもぼくは、時間の許すかぎり、なるべく自分で起こすように心掛けている。起こす時間がなくて業者さんにお願いするときでも、かならず数回はテープを聞き返す。

なぜか。

そこで「なにが語られたか」を知りたければ、テープ起こしを読むだけでわかるだろう。しかし、その話が「どう語られたか」については、音源に耳を傾けないとわからない。

ぼくが音源を聞き返すのは「どう語られたか」の確認作業であり、つまりは話を聞き返しているのではなく、ただただ「声」を聞き返しているのだ。


いいインタビュー原稿からは、ちゃんと「そのひとの声」が聞こえる。

ひとつひとつの文字が、そのひとの声によって再生されていく。

聴くように、読める。

それがぼくの理想とするインタビュー原稿だ。


きょう、取材の場で語られたことばは、いまでも「声」として耳の奥に残っている。なんなら映像付きで、再生できる。けれどもひと晩が過ぎ、明日の太陽が昇ってしまえば、その声や映像は徐々に消えてしまう。概念やキーワードとして、記憶されていく。そして声を失ったまま書かれたインタビュー原稿は、のっぺらぼうの「文字情報」になってしまう。


……ああ、なんとか間に合ってよかった。


とりあえず自分の凡ミスをレコーダーのUIのせいにして、最新型レコーダーをアマゾンで注文しました。便利って、不便です。

壁に耳ありジョージとメアリー。
114

古賀史健

コメント4件

おつかれさまです!
あ、編集者登場(笑)どうも失礼しました!
背筋凍りました。明日は我が身・・・わたしも過去に1度あって、それ以来、怖くて、2つ回しています。
僕は動画で撮る派です。相手の身振り手振りや、示してくれた資料などの情報がないとどうにもならないことがあるので。
丸々全部撮り損ねたことはないですが、途中で気がついて焦ったことはありますね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。