「ブイヨンからのおれい」に。

きのう、TOBICHI2 でブイちゃんに会ってきた。

最初はひとりで行こうかと思っていたのだけど、いろいろ考えてうちの犬(ぺだる)を連れていくことにした。会いたいのはきっと、ぺだるも同じだろうと思ったし、会わせておきたかったのだ。

前にも書いたかもしれないけれど、ぼくはブイヨンにちゃんと会ったことがなかった。何年も前に一度だけ、代々木公園近くを散歩する糸井さんとブイヨンをお見かけしたことがある。「わあ、糸井重里さんだ!」と同じくらいの強さで「わあ、ブイヨンだ!」とおどろいた。当然声をかけることもできず、ただブイヨンのちょこまかした歩みを眺め、裏道の端と端ですれ違った。

いまから3年前、ぼくは note にこんな話を書いている。

「なんでもほしいものを言ってごらん」と言われたら、たぶんぼくは「犬がほしい」と答えるだろうなあ、と。愛玩用のペットとして犬がほしいのではなく「犬のいる暮らし」がほしいなあ、と。犬と歩く朝の公園、犬と眺める景色、犬がくっつく足先の温度。お金でも豪邸でも高級外車でもなく、そういうものが、ぼくはほしいんだと。

そう考えるきっかけとなったのは、やっぱりブイヨンだ。ほぼ日のなかで、糸井さんがブイヨンとの「暮らし」を惜しげもなく見せてくださったからこそ、ぼくもその日常にあこがれを持つようになった。ブイヨンそのものというよりも「ブイヨンのいる暮らし」のうれしさに、うっとりした。

そしていまの自分だったら、こんな「暮らし」をつくれるんじゃないかと思った。犬を不幸にすることもなく、自分を責めることにもならず、最後までありがとうとありがとうの関係が築けるんじゃないかと思った。

迎えにいった犬は「ぺだる」と名づけられ、いまではぼくの暮らしに溶け込んでいる。うちにやってきてからまだ1年半くらいだけど、いまのぼくに彼のいない古賀家は考えられない。それはたぶん、ずっとそうだろう。


「ブイヨンからのおれい」展に並んだ写真を見ていると、まるでぼくとぺだるがこれから歩む道を見せてもらっているような、不思議な気持ちになった。

簡単には使えないはずの「愛」ということばが、おにぎりのようにぽんっと、「あたりまえのこと」としてすべての写真に置かれている。ありがとうね。ありがとうね。ほんとに、ありがとうね。一枚一枚の写真に、そのことばだけが漏れていく。

こういう場に不慣れなはずのぺだるも、ずっと「いいこ」にして、ぼくに抱かれていた。何人もの方から「ぺだるくんですか?」と声をかけられ、なでなでしてもらった。

ブイヨンがいてくれて、ドコノコという場があってくれて、ほんとうによかったなあ、と思う。



暮らそう。

もっと、暮らそう。

ちゃんと、暮らそう。

帰りにぺだるをぎゅーっとした。

ありがとう、ぺだる。ありがとう、ブイヨン。

出る釘は浮かれる。
215

古賀史健

古賀史健(2018)

古賀史健の note、2018年分です。

コメント2件

はじめまして、山田健太郎と申します。
僕も今日京都の「ブイヨンからのおれい」にいきました。ブイヨンとご家族の写真、糸井さんのことば、そして会場の雰囲気から、じわじわとむねから溢れるようなものを感じました。
メッセージを書こうとして、何を書くのか考えたとき、その溢れそうなものがなんなのか自分でもよくわかっていないことに気付きました。糸井さんは好きだけど、ブイヨンのことはよく知らない僕が、感極まるのもおかしい話だよな、となんのことばも残さず、ただ募金箱に100円だけ入れてtobichiを後にしてしまいました。その後もずっともやもやした気持ちをどこかに引きずっていました。
しばらくして、noteの古賀さんの文章を読みました。ああ、そういうことだったのか、とあの空間の、自分のあの気持ちにばちっと名前が付けられたような気持ちになりました。もやもやした気持ちの全てが晴れたわけじゃないけど自分も行ってよかった、ちゃんと感じられてたんだと、うれしくなりました。
そのことをなんとかして古賀さんに伝えたくてここに書いてしまいました。すごくすごく素敵な文章でした。僕もまたじぶんのことばで書きたいと思います。
こんばんは。
いつも楽しみに拝読しています。
犬のいる暮らし…
本当にいいですよね。
私は長年猫と暮らしていました。
まさか自分が犬と暮らすなんて…と
青天の霹靂でしたが
今月22日で長男犬は8歳になりました。
色んな欲が削ぎ落とされて
幸せだと感じることも生活も変わりました。
ペダルちゃんと、これからまだまだ沢山の経験を共有して感動を味わえますね。
うちの子は8歳になって家族は全員シニアでほぼ同じ年齢になりました。
来年は犬達に追い越されてしまいます。
犬の生涯は早いですね。
私たちより4倍速で生きてるから
1日がとても貴重に感じる様になりました。
長々とコメントしてしまい申し訳ありません。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。