見出し画像

2015年の年間ベストセラー

月日は百代の過客にして、なのかなんなのか。今年もあっという間でございましたなあ、と振り返る余裕もないドタバタのなか、きのう2015年の年間ベストセラーが発表されました。

ありがたいことに2年前に刊行した『嫌われる勇気』が、日販調べ、トーハン調べ、アマゾン調べのいずれにおいても、ビジネス書部門で1位を獲得いたしました。

【日販調べ】


【トーハン調べ】


【アマゾン調べ】


もちろんありがたいし、うれしいことなのですが、うーん。

やっぱり2013年の本ですからね。こういうランキングに、「バトンズ」として担当した本がたくさん入ってくるような状況を、早くつくらないとなあ、と思います。

今年は完全に「弾を込める」一年だったけど、来年からはいろんな本を世に出せるはず。がんばりますよ。


それにしてもランキングを見てて頭が下がるのは、水野敬也さん率いる文響社の強さ。もう常連になってきた感がありますし、いいチームができている。年が明けたころにでも、久しぶりに会いたいな。

鬼にカネボウ。
18

古賀史健

ライター。バトンズ代表。著書・共著「嫌われる勇気」「古賀史健がまとめた糸井重里のこと。」「20歳の自分に受けさせたい文章講義」など。週日更新しています。http://www.batons.jp

コメント3件

著書がランキング1位なのは、素晴らしいとおもうのですが、著書は2013年のものでえることを念頭に置いていらしたり、何よりバトンズで担当した本が入ってくることを目標というのに、もっと感じるものがありました。
楽しみにしています。必ず買います。もっと岸見アドラーを深く理解したいです。
本当に多くの人の人生を変える本だと思うので、そんなふうに長く愛される本を私もいつか書きたいです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。