「若いうちは数をこなせ」は正しいのか

フリーランスで働くことになったとき、ある方から「きた仕事はぜんぶ受けなきゃダメだよ」と言われた。フリーであることは、それくらい厳しいものなんだと。選んだり断ったりしてたら、声すらかからなくなるのだと。食いっぱぐれ、荒野をさまようのだと。

雑誌の仕事がメインだったころは、そのアドバイスを忠実に守った。くるものは拒まず、の精神で奮闘した。おかげで仕事が途切れることはなく、それほど儲かってもいないけどちゃんと食えてます、という状況が続いた。

ところが、ある時期からそれができなくなった。きた仕事をぜんぶ受けていたら、とてもからだが追いつかない。とくに本を書く仕事をはじめてからはそれが顕著で、後先考えずに受けまくった結果、体調を崩したこともあるし、いろんな方々にご迷惑をかけたこともある。

いまのぼくは、ピーク期の4分の1くらいしか、本を書いていない。

これは労働時間ではなく、冊数の話だ。いちばんヤバイときは年間15冊以上書いていた。当時とくらべてのんびり書いているわけではなく、たぶん1冊にかける労力が4倍になっている。


それで思うのだ。

「若いうちには数をこなせ!」のアドバイスって、ほんとうに正しかったのだろうか、と。たぶんぼくも、若いライターさんに「数」を求めたことがある。あれは正しかったのだろうか。

ほんとうに大切なのは「こなす数」ではなく、「考える量」だ。あたまから煙が出るほど考えたか。その「数」と「量」の違いがわからないまま、とりあえずのことばとして「たくさんやれ!」をアドバイスしてたんじゃないのか。


もっとも、「考えること」は、目に見えない。

サボろうと思えばいくらだってサボれるところが「考えること」の厄介さだ。腕組みでもして必死に考えてるつもりでも、なんにも考えてなかったり、ぐるぐるしてるだけのことも、大いにあるだろう。

それに対して「成果物の数」は、目に見える。

どれくらい真剣に考えたのかはさておき、少なくともサボっていたら数もこなせない。そういう次善策的な意味では、「若いうちには数をこなせ!」のアドバイスも正しいのかもしれない。


たぶん「数」も大事なんだろう。でも、いちばん大切なのは「考える量」だ。不誠実な人との仕事をたくさんこなしたって、消耗するだけですからね。

そこのところを、どう整理整頓し、道筋をつけていくのか。

せっかく会社をつくって仲間と一緒に働いてるんだから、なんとか答えを出していきたいです。


※ 現在バトンズでは、仲間となってくれる本のライターを募集しています。詳しくはこちらをご覧ください。

馬の耳に壇蜜。
115

古賀史健

役立つマガジンまとめ。

2つのマガジンに含まれています

コメント1件

若いうちはがむしゃらに、数をこなすこと……は、アリだと思っています。ライターという仕事はまた資料集めたり読んだりで大変だとは思いますが、それでも数をこなしていなければその後の選択を考える基準が出来ないと思いますよ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。