ぎっくり腰と四十肩。

もう10年くらい前のことだろうか。

人生で一度だけ、ぎっくり腰になったことがある。世の中にそういうものがあることは知りながら、とくに気に留めないまま生きていた30代前半のあるとき、突如それが発症した。ぼくのそれはたいそう重症だったようで、救急車で搬送されて数日の入院を要するほどひどいぎっくり腰だった。

ぼくは主治医を問い詰めた。世間では、たくさんのひとがぎっくり腰になっていると聞く。でもこんな痛みをみんなが耐え、それをぎっくり腰のひと言で片づけているとは到底思えない。これはぎっくり腰ではないのではないか。もっと重篤な、ナントカ筋が断裂した的な、おそろしい外傷ではないのか。……主治医の診断は、あくまでもぎっくり腰だった。


さて、そのぎっくり腰が肩を襲ったとしたら、あなたはどう感じるだろうか。

四十肩である。あるいは五十肩である。

先週の木曜、目覚めとともに襲ってきたこの症状。痛みのあり方から診断への疑念まで、あのときのぎっくり腰と瓜二つなのだ。

そういうものがあるとは知っていた。しかし、こんなに痛いものだとは思いもしなかった。中年のぼやきくらいに受け止めていた。腕が上がらない。押したり引いたり持ち上げたりの動作にも激痛が走る。シャンプーしたり、服に袖を通したりするのも決死の覚悟で、日常生活に支障をきたすどころじゃない。そして鍼灸院やカイロプラクティックに行ってみても「典型的な四十肩」と診断される。おかしいじゃないか。みんなこの痛みに耐えて年老いていくなんて、あんまりにもつらいじゃないか。世間の中年たちは、もっと大騒ぎしていいんじゃないか。大騒ぎしたいぞ、おれは。この痛みには。


えー、すみません。しばらくぼくは「痛てっ!」とか「あいたたたっ!」とか絶叫しながら暮らすことになりそうですが、別にかまってほしくてやってるわけではなく、ほんとのほんとに痛いだけなんです。

ああ、年をとるって面倒だなあ。

椅子の上にも3円。
58

古賀史健

コメント2件

お邪魔致します。
わたしも最近肩を患いまして「いたたたっ」と服の着脱や寝返り時に悶絶しております。

磁石が効くと70代でも5五十肩とベテランの母から聞きまして試しておりますが、結構良いのでお薦めです(^-^)
私もお邪魔します!
noteに籍をおいてはじめてのコメントで
しかも「嫌われる勇気」の著者さんとは!!
noteスゴイです!!ドキドキしてます。
肩の痛みは、、、本当に辛いですよね、、、
作家さんの宿命のような症状だと思います。
安静が一番の敵かもしれません、、
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。