うらないの館、その理由。

先日、note の運営主でもある加藤さんとごはんを食べたとき、これだけ毎日 note を利用していながらプレミアム会員になっていないことを白状した。

入会してくださいよー、と笑う加藤さん。たしかにプレミアム会員になると、たとえば予約投稿ができるようになり、それは便利だろうなー、とは思う。

けれどもほかの付帯機能は、やはりここでコンテンツを販売するひとに向けたものが中心で、あんまりぼくには関係がない。あくまでぼくは「売らない」のひと。つまりここは「うらないの館」なのである。


それで、いまさらもいまさら。

有料課金をする瞬間、について考えてみたいと思う。たぶんぼくだけでなく、多くのひとは、ネット上でなにかを読んでいた途中で「この続きは有料会員に登録した方のみが〜」みたいな文面が出てくるとカチンとくるのではないかと思う。ぼくなんかは疲れた狭量なおじさんなんで、「誰がクリックしてやるものか!」なんてケチな義憤にかられることさえ、ある。

一方、ニコ動の会員になったとき「誰が登録してやるものか!」はなかった気がする。たぶん、なにかの記者会見とか対談イベントとかの視聴から会員登録に至ったのだと思うけど、最近ようやくその理由がわかった。


ライブだ。

そこで提供されているコンテンツが「ライブ」だったから、急いで慌てて迷いもなしに、パーンと登録しちゃったのだ。

その意味だとテキストコンテンツは、いくら「続き」が読みたくなるようなものでも、むしろ読みたくなるようなものほど、そこにつくり手の作為を感じてしまって「その手に乗るものか!」となりやすいのかもしれない。とくにぼくの場合は。


ライブ感のあるコンテンツ。

やっぱりマンガはインターネット向き、なのかなあ。

出る釘は浮かれる。
76

古賀史健

ライター。バトンズ代表。著書「嫌われる勇気」「古賀史健がまとめた糸井重里のこと。」「20歳の自分に受けさせたい文章講義」など。週日更新しています。http://www.batons.jp

コメント5件

テキストよりはライブ感ある気がします。というか、テキストが弱すぎるのかなあ。掲示板っぽい「育つ」「ふくらむ」のあるテキストコンテンツは、ライブ性ありますよね。
なるほど。練りに練った文章より、えいっと一気に書いて推敲なしで公開する記事の方が時に人気があるのは、その「ライブ感」が原因かもしれませんね。書いてる側は「なんであっちの手間暇かけた記事は人気ないのに、こっちの昼休みに20分くらいで書いたやつはこんなにシェアされるんだよ?!」と悶々としますがw
その連続ですwww
「推敲すればするほど良くなる」という村上春樹さんが羨ましいですw
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。