趣味に大切な四文字。

友だちの家で。あるいはどこかの飲み屋なんかで。

部屋の片隅に置かれたギターを肩からぶら下げ、ジャーンと鳴らす。なんならピート・タウンゼントみたいに豪快なアクションで鳴らしてみる。きっとあなたはおどろくだろう。少なくともぼくは、毎回おどろく。あたまのなかで想像していた「ジャーン!」と、実際に腰のあたりから響く「びゃーん」の、あまりのギャップに。

むしゃくしゃしたときにギターをジャーンと弾いたら気持ちいいだろうなあ、の空想は、実際にやってみるとまったく気持ちよくない「びゃーん」でしかなく、よくいう「初期衝動そのままに」ギターを鳴らすことにさえ、一定の修練が必要なのだ。


「あなたのストレス発散法は?」


こう聞かれて答える多くの事どもも、じつは修練あってのおこないだったりする。カラオケだって、バッティングセンターだって、浴びるように酒を飲むことだって、それなりの修練がなければ余計にストレスをためる結果になる。

人生をいろいろさぼってきた振り返りとして、なにかひとつくらい無我夢中になれるギター的な、プレイの要素をもった修練を積んでおくべきだったなあ、と思うことが多い。

うまいものを食うとか、ネットショッピングするとか、そういうのじゃない、ちゃんと play する類いの趣味。その修練。

play なきストレス発散は、けっきょく身を滅ぼすだけな気がするな。

壁に耳ありジョージとメアリー。
46

古賀史健

ライター。バトンズ代表。著書「嫌われる勇気」「古賀史健がまとめた糸井重里のこと。」「20歳の自分に受けさせたい文章講義」など。週日更新しています。http://www.batons.jp
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。