好きよりも大事な「嫌い」。

20歳の自分に受けさせたい文章講義』という本に、こんなことを書いた。

たとえばあなたが恋人と別れるとき、関係が冷めきってしまったとき、あなたはその人の「嫌いな理由」をいくつでも挙げることができるだろう。考え方から言葉遣い、ふとした表情に服のセンス、さらには食事中の癖まで、たくさんの「ここが嫌い」を挙げられるだろう。

一方、恋に落ちている只中に「ここが好き」を挙げることは、意外とむずかしい。もちろん顔が好きだったり、しぐさが好きだったり、共通の趣味がうれしかったりはあったとしても、それは「恋に落ちたこと」へのほんとうの理由にはなりえない。そんなの関係なしに、なんだか好きになっちゃった、がほんとうだろう。自分の「好き」を自覚し、言語化することは、相当にむずかしい作業なのである。

「だからこそ」と、ぼくは書いた。

本を読むとき、他人の文章に触れるときには、「自分が嫌いな文章」に注目しよう。生理的に「なんか嫌だな」と思った違和感を忘れず、その「生理的に嫌」の理由を掘り下げよう。

好きな文章について「なぜ自分はこれが好きなんだろう?」と考えたところで、「だって、いいじゃん!」以上に的確な答えにたどり着くことはむずかしい。でも、嫌いな文章だったら、もう少し冷静に「嫌いな理由」を言語化することはできるのだ。

結果としてそれが、「自分がどうありたいか」を知り、「そんな自分はどんな文章を書いていきたいか」を知る、いちばんの手立てとなる。

だから文章を読むときには、「いい文章/悪い文章」という分けかたではなく、思いっきり主観に寄った「好きな文章/嫌いな文章」の分類を大事にしよう。乱読とはある意味、自分の「嫌い」を知る旅なのだ、と。


これ、たぶん生き方とか働き方にもつながる話で、ぼくは自分の「好き」と同じくらいに「嫌い」を大事に、「なんかヤだな」を大事に、自分の進む道を考えているなあ、と思ったのでした。

わざわざ口に出す必要はないけどね、やっぱり大事だと思いますよ、生理的な「あれはヤだな」とか「あっちには行かない」の直感は。

椅子の上にも3円。
459

古賀史健

古賀史健(2018)

古賀史健の note、2018年分です。
5つのマガジンに含まれています

コメント4件

嫌いな文章を書く作家は何人かいますが、嫌いな文章だが、ついつい読んでしまう作家もいます。芥川賞作家の西村賢太はその1人です。個人的な意見ですが。
これを読んだら、なにか書きたくなってきました。けっこう、じぶんの文章にすら「きらい」なかんじがあって、でも、そこを抜けだせずにいて苦しいです。みんなじぶんの「きらいじゃない」書きかたができているんだろうか。
ご質問で、自分が嫌いな文章というのは、例えば綴られている内容も含めてって認識で合ってますか?
嫌いを見てあげられる、って、すごく上等なひとしかできない。優しくて、エレガントなひとしかできない。あなたは、だから、優しくてエレガントで、聡明なんだっていつも思います。私みたいなへその下とは、レベル違うものねえ。でも、書くことを楽しまれるの、いつもお祈りしています。いつも、それは、真珠のような発見をくれます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。