夏休みよりも好きだった一日。

さあ明日から夏休みだ。

通信簿をもらい、机の引き出しを整理して、宿題やら給食袋やらの荷物をわんさか抱えたタイミングで、担任の先生が衝撃的なひと言を発した。たしか、小学3年生のころの話である。

「先生たちには、夏休みはありません」

教室じゅうにどよめきが起こった。ええー、なんでなんで、学校休みじゃないの? 「先生たちには、夏休みにもお仕事があります」。ちょっと誇らしげに背を伸ばして語る先生を、ぼくは心底かわいそうだと思った。先生に、「お仕事」とやらをさせているであろう校長先生を、恨んだりもした。じぶんの父親や、世間のサラリーマンに夏休みがないことなどいっさい考慮せず、ただただ「夏休みのない先生」を気の毒に思った。


じつはいまでも、夏休み期間中の教職者がなにをやっているのか、くわしくは知らなかったりする。いろんなことをやってるんだろうけど、そりゃ休んでるわけないよね、とは思うけど、やっぱりかわいそうだなあと思う。

子どもたちのいない夏の学校は、ひどくさみしい空間だろう。朝からずうっと座りつづける職員室の机は、ひどく窮屈な空間だろう。声もなく、影もなく、うるさいと怒鳴ることさえできなくなった校舎のがらんどうは、いろんな気力を奪いとっていくものだろう。

夏休みが終わり、日焼けした子どもたちが集まると、学校はふたたび動物園のような、なつかしい狂騒につつまれる。


夏休みがはじまるときよりも、すきなだけあそびまわる夏休みよりも、ぼくはあの二学期の始業式にある浮ついたざわめきが、いちばん好きだった。わけもわからず照れ、やたらどきどきした。

夏休みの先生たちがそうであるように、夏休みが大好きだったはずのぼくたちもまた、さみしかったのかもしれない。

あたらしい出会いもいいけど、照れくさい再会は、もっといい。

馬の耳に壇蜜。
63

古賀史健

コメント2件

学校の先生方は研修を受けたり、なんだりするらしいです(教員をやってる友人談)
照れくさい再開!私も大好きでした(^-^)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。