見出し画像

悪い人アピールをするのも違うけど

36にもなって、とりたてて悪い人アピールをするのも、違うなって思うんですが、どうも一部の界隈でボクのイメージがよすぎる。

昨日も2年ぶりぐらいにあった人と、1時間ぐらい立ち話をすることになって、さんざん喋った後で、「振角さん、思ってたイメージと違う」と言われた。

どんなイメージだったん?と聞くと「子ども大好き」で「家族思い」のめっちゃいい人と思っていたんだって。しゃべるとそんなことなかったらしい(苦笑)

なんかね、それがすごく嬉しかったんよね。

いい人なんて、そんなことないんですと、ここで書くのも違ってくるのかもしれないし、こんな悪いとこあるんだぜー!もおかしい。

これを書くことで、まわりまわっていい人アピールになってしまったら、もう、どうしたらいいのかわからないんだけど(ならないか…)。

いい人ってイメージを崩すつもりはないです。だって、いい人な部分もありますもん。

でも、そうじゃない部分もある。自分勝手で嫌だなって思う部分もあるし、人に対しても嫌なことをしてしまう。

それに対して、「八方美人」は「気が利く」みたいに小学校の壁に貼ってあった、捉え方を変えようみたいなのは大嫌いで、嫌な部分はやっぱり、そのまま嫌だ。

そういうボクのよくない部分を知った上で、まあ、それでもいっかと思ってもらえたら、いいなって思います。
(嫌な部分がほうが人間味があるね、ってなこともちょっと違うんだけど)

いい人だって言われて喜んでた時期もあったんだけどね。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、子どもがほっとできる場づくりの活動資金にさせていただきます。みなさんのサポートが活動を支えます!

スキを押してくださり、ありがとうございます!

振角 大祐

5年前に、自分の子育てのしんどさを何とかしたくて、びわ湖のほとりで子どもの居場所づくりをはじめました。「ありのままの自分を受け止められるために、弱さを認められる環境をつくりたい」が僕のミッションです。NPO法人わっか共同代表、3児の親、趣味は編み物
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。