082話:間違って塗った古いクリームをリセット

・・・・とっても美味しいウィスキーでした。ええ、本当に。我を忘れました。

こんな感じで。。。

おとなしく寝とけばいいものを、モルトドレッシング始めたのはいいけれど、ライトブラウンに黒に限りなく近いダークブラウンをぶち込む始末💧

はぃ、、できてしまいました。いたるところに。こんなしくじりを救済するやり方をみなさまにシェアします。

1:用意するもの

✔︎乾いた布

✔︎油性クリーム。。もしくは付いてしまったクリームと同じブランドの無色クリーム

ZinRyuはサフィールでやってしまったので、サフィールの缶ワックスを用意しました。


2:やりかた(施工法)

サクっと紹介します。

1)無色を指にとります。。。このくらいに。ちょっと多めで。


2)塗布します。

この場合、局所的に塗るのではなく、、なるべく広い領域に伸ばしてください。シミになったり色が偏るのを防止するために。

あと、汚れた部分と無色のクリームを混ぜ合わせるようにナデナデすると効果あります。

3)ワックスが柔らかいうちに、乾いた布で素早く拭き取ります。

4)あとはひたすら、、乾拭きします!!

これは力強く速く2−3分続けてください。。。なるべく無色クリームをムラにならないよう広げるイメージで。

汚れの取れ具合が弱いようでしたら1)−4)を繰り返してください。

3:少し解説

今回の汚れの種類は、靴クリームとわかっていました。。靴クリームは、ロウ、油分、顔料、水分でできています。

絵の具は透明の絵の具で薄くできるのと同様に、無色で薄めます。

また、硬い油やロウは、同系統のやわらかいクリームに反応してとけ出す性質がありますので、、、強いリムーバーするより革を傷めず、汚れを溶かしてふき取ることができます。。。

いかがだったでしょうか。。。。靴にしつこく残る汚れは、油性である可能性が高いので、全般に使える技ですね。。。

私はあまり革にクリームを残したくないので、あえて浸透が悪いサフィール缶ワックス(無色)を使いました。。


特に経験もいらず、気軽にできるケア方法ですので、やらかした時はぜひ試してtwittterにアップしてみてください。

結果報告を楽しみにしています!

ZinRyuのツイッターはこちら。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

気軽にカジュアルに履く方も作る方も革靴を楽しんでいただきたいので、有益な靴や革の情報を基本的には無償で公開していきたいと思います。 皆様のスキやサポートのおかげもあり、何とか続けてこれました。今後とも応援していただければ嬉しいです!何卒よろしくお願い致します!

靴を作る活動もしっかり行っていきます!
4

ZinRyu (靴師)

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。