ひらぴす

横国・人文┊︎キラキラ女子になりたくてしょうがない。ファッションメディア編集長┊︎メイクで見返すブログ中の人 ┊︎権力が欲しい!

好きなものを探す旅

こんにちは、スシコことひらぴすです。

新入社員になって1ヶ月以上経ち、すこしだけ気持ちに余裕が出てきたので今日からゆるい文を書こうと思います。

なぜかというと、自分の好きなものや好きなことを思い出したいから。

最近英会話に通い始めたのですが、英語で話す時って、自分のことを知らないといけないんですよ。

何が好きなの?なんでその大学を選んだの?どんな性格なの?人生で重要な単語を5つ教えて!

もっとみる

卒業研究 『刺すために生きる ―男と女を破滅に導くエロス権力の正体―』

プロローグ

物心がついた時から、私を動かすのはエロスだった。

幼稚園に通う女の子だった私が欲していたものは、夜十時台のバラエティ番組に写る巨乳のグラビアアイドル、本屋の成人向け雑誌コーナーでの立ち読み、親戚の家に落ちているスポーツ新聞に連載される短い官能小説。すべて、大人にばれないように、こっそりと欲望した。

歯医者で初めて読んだ少年向けマンガの衝撃を鮮明に覚えている。戦闘、冒険、友情、仲

もっとみる

「見た目」に縛られる女たち ー問題への応答とあとがきー

問題への応答

さて、ここまでの例を見たうえで、冒頭のマツコと村上の会話で明らかにされた美醜の問題を考えよう。

1、男の武器は財産。女の武器は美貌。

オルフェスのCMのようにイケメンとブサメンで女性の態度が変わるというような出来事は実際よくある。本来男にとっても美醜は大切なのだが、社会的に見た目以外の部分で権力が持てるよう吹き込まれているため、男性は財産があり社会的に高い位置の肩書を持っていれ

もっとみる

真面目な女子大生が歌舞伎町のホストクラブに行った話

こんにちは。常に新たな刺激を求めて生きているひらぴすです。

横浜に住んでたごくふつうの女子大生がインターンをするためだけに新宿付近に引っ越して、半年。人生で初めて、歌舞伎町のホストクラブに行ってきました。

きっかけは一通のDM

なんで急に行くことになったのかと言うと、きっかけは「フォローありがとうございます♪」のDMです。プロフィールを見るとどうやらホストらしい。「ああ営業か…」とは思いまし

もっとみる

「見た目」に縛られる女たち ー第3回「整形の先に幸せはあるか」ー

メンヘラ整形アイドル

動画投稿サイトyoutubeに整形の経過を載せ続ける「轟ちゃん」というアイドルがいる。フォロワーは4.2万人。整形に費やした総額は600万円だ。彼女は『整形を考えている人へ。』という動画でこのように言う。

「悩むくらいならやるな。整形はハイリスクローリターン。」

ハイリスクの理由は手術失敗の可能性、整形依存に陥る可能性があること。一つの手術が納得のいく結果になる可能性は

もっとみる

「見た目」に縛られる女たち ー第2回「細さは正義?」ー

太るのがこわい

現代の日本において、女性の求める「美」に痩せていることは必須条件である。『世界で最も美しい顔100人』のランキングにノミネートされたことのある女性芸能人をいくつか挙げると、石原さとみ(157㎝45㎏)、桐谷美玲(163.5㎝39㎏)小松菜奈(168㎝推定40kg前後)。美しい「顔」ランキングのはずが、選ばれているのはモデル体型の細い人ばかりだ。日本人以外にも様々な国籍の女性がノミ

もっとみる