唱え終えると夏がきていた。|詩「夏の観測席」

口に含めば、甘くあふれ出すきみの名前。
見つけてしまった。
幾度も口ずさみ、断ち切ることなく味わっていく。
それが合言葉のように、唱え終えると夏がきていた。

---------------------------

   夏の観測席
                 文月悠光

窓ぎわ 右の列の三番目 ひじかけつき
観測席はそこにある。
発車時刻を待つバスの中、
わたしは坂道の向こうを見すえ、待ち尽くす。
赤い指先で、スカートのすそを引っ張っている。
やがて銀色の自転車を引いて
きみが坂を下りてきた。
きみの隣であの子、
ひなげしみたいによくわらう。
ふたりのまとう空気が
窓越しにしっとりとたなびいてくる。

校庭の白線は息がくるしいほどまっすぐで、たどっていたら四月きみが駆けていった。砂まみれのその髪が跳ねるたび、わたしは根なし草のごとく揺れうごいた。だだっ広い校庭の、荒野のような一帯を、青い涙で覆い尽くしていきたい。

口に含めば、甘くあふれ出すきみの名前。
見つけてしまった。
幾度も口ずさみ、断ち切ることなく味わっていく。
それが合言葉のように、唱え終えると夏がきていた。

 もてあますほどの甘さが
 きみとわたしのあいだにあるということ、
 覚えていてよ。

気がついたのは梅雨の頃。
放課後、まぎれもないこの席で
走っていないきみの姿を観測したのだ。
きみはぎこちなく、あの子に傘をさしかけて
一歩一歩、惜しむように歩いていた。
あの子はきみの頭に手をのばし、
砂を払って、凛とわらった。

車窓から見つめるほどに、
夏服のふたりの背中は白く冴えていった。
ひなげしのあの子を連れて
この夏、きみはどこへ発つ?
そこに観測席はあるのでしょうか。
バスはふわりと ふたりを追い越して
わたしを きみのいない夏休みへ連れていく。


ーー詩集『わたしたちの猫』(ナナロク社)よりhttp://www.nanarokusha.com/book/2016/10/08/3894.html

-------------------------

【新刊】第3詩集『わたしたちの猫』、ナナロク社より10月31日発売。
文月悠光の待望の第3詩集は、わたしたちの恋の物語
(10月31日~11月8日までに順次、本屋さんに並びます)。

帯文・書き下ろしエッセイ:雨宮まみ
ブックデザイン :名久井直子

18歳で中原中也賞を受賞し、以降、活躍の場を広げ続ける詩人・文月悠光。初エッセイ『洗礼ダイアリー』も話題の詩人が、詩の舞台で放つのは、恋にまつわる26編の物語。

▶︎書籍詳細
http://www.nanarokusha.com/book/2016/10/08/3894.html

▶︎Amazonにて予約受付中
https://www.amazon.co.jp/dp/4904292707


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

投げ銭・サポートは、元気に書ける環境づくりのために使わせていただきます。主に執筆中につまむ甘いもの、美味しいごはん、安眠グッズです。

Thanks♡
13

第3詩集『わたしたちの猫』試し読み

3年ぶりの詩集『わたしたちの猫』、ナナロク社より発売中▶︎http://www.nanarokusha.com/book/2016/10/08/3894.html 一部の詩を試し読みできます。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。