見出し画像

「太陽を待ちながら」-歌詞

ミニアルバムHumans収録「太陽を待ちながら」の歌詞です。


灰色の街を 歩いている
赤い光が 灯ったら
君がいなくなった
あの丘の方へ走るのさ

Waiting for the sun 太陽待ちながら
俺たちはあの乾いた夜明けを
掴まなきゃならないのさ

この世界は道端の石
水に溶けるのは悪魔の吐息
加速していくぜ いつになったら
この悪夢は終わるのさ

Waiting for the sun 太陽待ちながら
俺たちはあの乾いた夜明けを
掴まなきゃならないのさ


Waiting for the sun
太陽待ちながら
俺たちはあの当たり前だった夜明けを
掴まなきゃ 掴まなきゃ

Waiting for the sun
太陽待ちながら
俺たちはあの当たり前だった夜明けを
掴まなきゃならない

Waiting for the sun
明日を待ちながら


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

記事を読んでいただいてありがとうございます!記事を更新していくモチベーションにもなりますので、少しでもサポートしていただけたら幸いです。よろしくお願いします。

素敵ですね。愛がすべて。

徳永駿介

THE FUZZ ACTというバンドのボーカル。鹿児島出身。音楽と本が好きです。ホームページhttps://www.thefuzzact.comtwitter https://twitter.com/thefuzzact_st
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。