ミニアルバム「Humans」

3月発売6曲入りミニアルバムHumansのジャケットを公開した。前回のアルバムに引き続き、僕がデザインしたジャケットだ。黒い画用紙に白いペンで描いたシンプルなものだけど、アルバムのコンセプトに合ったものができたと思う。

曲目は 1.夢なんかじゃない 2.ロンリーロード 3.太陽を待ちながら 4.風のドライブ 5.傷だらけの旅路 6.End of Life の6曲。

今回のアルバムのテーマはまさに人間であって、それは生であり死だ。自分の人生に意味を見出そうとしたり(そんなものなかったとしても)、身を切るような孤独を噛み締めたり、自分の死に様を想像したりする。

それはものすごくちっぽけで、鼻で笑いたくなるようなことであると同時に、個人の視点に立ち返れば、大きくて、壮絶なことでもある。

個人主義が加速する世の中で、我々はいったいどう生きればいいのか。そんな曖昧で、ある種楽観的な問いをこのアルバムに詰め込んだつもりだ。皆さんのそれぞれの捉え方で聴いてほしい。

レコーディングエンジニアとして参加していただいた小野寺さんのおかげもあって、素晴らしいサウンドで録音できた。皆さんに心から聴いてほしい一枚です。是非手に入れてください。よろしくお願いします。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

記事を読んでいただいてありがとうございます!記事を更新していくモチベーションにもなりますので、少しでもサポートしていただけたら幸いです。よろしくお願いします。

これで3日寿命が延びました。
2

徳永駿介

THE FUZZ ACTというバンドのボーカル。鹿児島出身。音楽と本が好きです。ホームページhttps://www.thefuzzact.comtwitter https://twitter.com/thefuzzact_st
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。