[自動化]TwitterとInstagramのフォロー数やフォロワー数、他を定期的にスプレッドシートに反映させて推移をデータ化する方法

どうもふうやです!

実はつい昨日イケハヤさんがこんなことをつぶやいていました。

僕はこのツイートを見て瞬時に作ろうと決心しました笑

なぜなら以前にスプレットシートとGoogle Apps Script(今回利用するもの)で勤務時間管理システムを開発したことがあるからです。

なので既にGoogle Apps Scriptを利用しており公式APIを利用すれば簡単に実装できそうな気がしたので挑戦してみました!

→ダラダラしながら開発した結果2日もかかってしまいました笑笑

この記事で出来ること

・Twitterの自分のフォロー数、フォロワー数、総投稿数、総いいね数を定期的にスプレッドシートに反映させる

・Instagramの自分のフォロー数、フォロワー数、総投稿数を定期的にスプレッドシートに反映させる

・かつそれを毎日や毎時間定期的に実行できる!!!!

プログラミングが分からなくても出来るの?

はい!

できます。

コードを貼り付けたりAPIキーを取得したり、認証を行ったり、全てこの記事を見ながらの作業で出来ます!!!

必要なもの

・Googleアカウント

・TwitterまたはInstagramのアカウント(両方でもOK)

この続きをみるには

この続き:6,696文字/画像23枚

[自動化]TwitterとInstagramのフォロー数やフォロワー数、他を定期的にスプレッドシートに反映させて推移をデータ化する方法

Fwww ⚡️ふうや

1,980円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

45

SNS参考

1つのマガジンに含まれています

コメント20件

アプリ設定画面で「Enable Callback Locking」のチェックを外すとエラーが出なくなりました。ご参考までに。
かたぴー様
有益な情報をありがとうございます!
noteの方に追記しておきます!
ウェブサイトURLとコールバックURLの設定をやり直し、かたぴーさんのアドバイスに従い「Enable Callback Locking」のチェックをはずし、連携アプリの認証はできたのですが、いざ関数を実行しようとすると、以下のエラーが出てしまいました…。インスタグラムは、出来ました!

無効な引数: https://api.twitter.com/1.1/users/show.json?user_id= 108199871(行 443、ファイル「Service」、プロジェクト「OAuth1」)

※追記※
【解決しました!】twitter idの前に無用なスペースが入ってしまっていて、削除したら出来ました。ド素人の私でもなんとか設定できて感激です!ありがとうございました。
すみません。上記エラーのところまではうまくいきましたが、同じように進めなくなりました。記事を書いたときから仕様変更があったのか、「Enable Callback Locking」というチェックボックスが無くなっております。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。