FXノート「レンジ相場とトレンド相場の見分け方」

私のスキャルピング手法では、逆張りが約8割、順張りが約2割の比率ですが、上昇や下降のトレンドが加速した場合は、「ヘッジ外し」を織り交ぜながら、順張りメインに切り替えることがあります。

このように相場の値動きパターンを察知して、その時々で順張り、逆張りを混ぜることができればベストですが、実際にはそう簡単ではありません。

トレードの一般論としては、レンジ相場では逆張りが有利で、トレンド相場では順張りが有利です。

これはスキャルピングでも当てはまる傾向で、その意味では、今の相場がレンジ相場なのかトレンド相場なのか、これを見分けることができれば、トレード損益に大きなプラスになります。

私がトレンドがあるかないかの判断で用いている方法は、4~5種類ありますが、今回は最も基本的な2つをご紹介します。

もちろん上記の解説通りにならないこともありますが、ひとつの基本となる相場の見分け方として、押さえておくべきポイントになります。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。