FXノート「スパイク発生時のスキャルピングについて」

昨日の深夜12時50分頃にドル円が2分で34PIPSも急騰した。

このような急騰、急落は「スパイク」と呼ばれるが、通常ルールでエントリーするのは危険である。

なぜなら、スパイクが発生する理由のひとつが、要人発言、選挙結果やテロ事件、地震などの速報、中央銀行の為替介入(の噂のリーク)などが多く、テクニカル分析を基にする売買ルールにエッジ(統計的な優位性)がないからだ。

その意味で、上げ止まり感や下げ止まり感をしっかり確認してから、エントリーするべきところだ。

上げ止まり感や下げ止まり感をどうやって探るかは、かなり感覚的なものだが、あえて言葉で説明すると、今回のケースではスパイクが発生し(下記チャートの黄色マーク)、陽線から陰線に変わり、再度陽線になり上昇したが、前回の高値を超えられず、陰線になった(ピンクマーク)ところで売った。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。