有料ノートってなに?どうやって買うの?

昨日、チーム桃屋から有料記事が公開されました。

自分がニンフゾロの記事を投げ銭で公開してみたり、某なりきりbotが有料のデッキレシピを公開していますが、強豪プレイヤーが書く有料記事としては初の試みのため、各所で話題になってますね。

そこに乗っかったのか、凱さんが良いタイミングで良いアンケートをされてました。

アンケートでは3人に2人は「抵抗がない」と答えており、想像の斜め上の結果でした。

Webの記事を買うことに抵抗がない方が多数いるのに、「支払いが面倒だ」という理由で良い記事が読まれないのはとても勿体無いので、有料ノートの購入方法について説明していきます。

※本記事は有料ノートの購入を積極的に勧めるものではありません。買う買わないは個人の自由です。


さて、なにはともあれまずは有料ノート買ってみる

いろいろ説明は書いたのですが、後ろに回してまずは有料ノート購入してみます。
チーム桃屋の記事を例としてすすめます。

有料ノートを読み進めていると以下のような表示が現れます。ここから先が有料エリアです。続きを読みたい場合は「購入して続きをみる」を押します。

お支払い方法の選択となるのでクレジットカードで支払うかスマホの料金と一緒に払うかを選びます。

クレジットカード情報未登録の場合はこのままカード登録画面に進みます。入力したカード情報は保存されるので、2回目以降は入力不要になります。

スマホの料金と一緒に支払う場合、各キャリアの決済画面に進みます。

後は購入ボタンをぽちーとするだけ。購入完了した記事は有料エリア含めすべて閲覧できるようになります。

ふむふむ。これが¥100で読めるの?!すげー!(感想には個人差があります)

以上。簡単。


という感じで購入自体はサクッと進みます。「オッケー。これで有料ノート買えるわ!」って方はここで終わりです。


有料ノートの買い方はわかったけど、そもそも有料ノートって何?っていう方向けに以下つらつらと書いたのでよければどうぞ。

【目次】
1.そもそもnoteって何なの?
2.有料ノートって何?
3.有料ノートのお支払い方法

そもそもnoteって何なの?
----------------------------------

文章、写真、イラスト、音楽、映像などの作品を投稿して、クリエイターとユーザをつなぐことができる、まったく新しいタイプのウェブサービスです。 つくった作品(ノート)は、通常のブログやSNSなどと同様に無料で公開することもできますし、手軽に売り買いすることも可能です。
参照元:note公式

だそうです。ポケカプレイヤーさんが触れている範囲だと、基本的には他ブログサービスやDiarynoteと同じような感覚で捉えられているかと思います。

noteの作品は、PCはブラウザで、スマートフォンではブラウザかnoteアプリを利用しての閲覧が可能です。

noteアプリは作品を読む分にはブラウザ版とほぼ同様に使用できますが、有料ノートの購入機能やクレジットカードの登録などの、決済周りの機能が実装されていないので、現時点でnoteの作品の閲覧にはブラウザ版の使用をオススメします。(noteアプリはいまいち使いやすくないんだよね…)

有料ノートって何?
----------------------------------

みなさんが今見ているnoteというサービスでは、文章、写真、イラスト、音楽、映像などの作品を無料or有料で公開することが出来ます無料/有料は作品ごとに設定可能で、公開後に変更することも可能です。

■無料ノート
言葉通り、無料で作品内の全コンテンツが閲覧できるもの。

■有料ノート
作品内の全コンテンツのうち、お金を払った人のみ閲覧できる箇所があるもの。
チーム桃屋の例だとこんな感じですね。購入すると「ご購入お願いします」の下にある内容が表示されます。

有料エリアの範囲ついては任意で設定可能で、全文有料とする形や、有料範囲に記事を置かない実質無料で全文公開する形も可能です。後者は全部読んでもらって、「内容が良かったら買ってください」という投げ銭形式と言われる形です。

購入したノートについては、作者が作品を削除しても購入履歴から閲覧できるので、一度購入すればnoteがサービス終了しない限り恒久的に閲覧可能となります。

参照先:有料ノートが作者によって削除された場合、その後は閲覧できますか?


有料ノートのお支払い方法
----------------------------------

noteでは有料ノートの支払い方法にクレジットカードキャリア決済が使用できます。

個人的には、キャリア決済使える人はキャリア決済でいいんじゃないかなと思ってます。

一応、クレジットカードが作れない、持ってないという方でも、クレジット決済ができるプリペイド式のカードは簡単に作れます。ポケセンオンラインでの購入にも使用できるので、興味のある方はどらさんの記事を参考にどうぞ。

最後に
----------------------------------

海外のポケモンカード界隈では、60Cardsなど有料で記事を提供しているサイトがいくつかありますが、日本では有料のサイトはない状態でした。今回のこの流れは個人的にはいい流れだと思っています。

いいたいことはポールくんが昨日既に言ってたのでペタッと。

まぁ1パック分くらいで買えるかどうかは提供者次第ですけど、金額に応じた中身にはなっていると思うんですよね。

これまでも上質な記事は各所で多数公開されていましたが、これを機により多くのコンテンツが出てくるといいですね。

本記事が、ポケモンカード界隈での優良な有料コンテンツの発展の一助になれば幸いです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートなしでも勝手に書いてますが、サポートいただければ次の記事書く励みになるのでよければお願いしまっす

10

ガク

最近はもっぱらポケモンカードばかりしています。

コメント1件

お世話になります。クレカでは決済できるんですが、LINEPAYは使えないっぽいです。
また、検証したら報告します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。