総合大学の平均年収ランキングにおける私大の劣勢について

日本の総合大学における平均収入ランキングが以前、発表されていたので見てみましたが、なかなか面白い。

トップは東京大学。これは良いのですが、2位は一橋大学、そして京都大学と続きます。

私立でトップは4位の慶應大学。ライバルである早稲田は、、なんと11位!トップ10にも入れません。

1 東京大学 729万円
2 一橋大学 700万円
3 京都大学 677万円
4 慶應義塾大学 632万円
5 東北大学 623万円
6 名古屋大学 600万円
7 大阪大学 599万円
8 神戸大学 590万円
8 北海道大学 590万円
10 横浜国立大学 573万円
11 早稲田大学 572万円
12 九州大学 569万
13 東京理科大学 563万円
14 上智大学 555万円
15 横浜市立大学 550万円
16 大阪府立大学 546万円
17 中央大学 531万円

出所:http://doda.jp/careercompass/ranking/daigaku_nenshu.html

ちなみにここでは総合大学(「※文科系と理科系、双方の学部がある大学を「総合大学」、いずれかの学部しかない大学を「単科大学」としています」とのこと)しか、ランキングされていませんが、一橋大学があるのなら東工大はどうなんだと見ると、696万円らしいです。一橋と京大の間です。

こうダラーっと書いてもわかりにくいので図示してみると結構面白い。

明らかにトップ3が飛びぬけているのだ。

慶應以降とは明らかに違う感じになっている。

社長・役員ランキングになると必ずと言っていいほど1位になる慶應だが、平均年収では人数の多さからかさすがに差があるようだ。

つまり、やはり国立大学に行かないと高い年収は得られない、ということである。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートのおかげで、ボクは今日もおいしいエナジードリンクが飲めます。

ありがとうございます!よければシェアもしてね!

星野彼方

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。