20.時間 ジェイムス・テイラー

学芸出版社営業部の名物社員・藤原が、書店での何気ないやり取りを手がかりに、自らのロック遍歴にまつわる雑感をつづります。

この店に来ると、本のある生活が人生を豊かにすることを約束してくれているような気がする。
「○○さんいますか?」
レジの女性が「休みです」。
そう言われてもガッカリすることがないのがこの店。
「ああそうですか。しばらく棚を見せてもらいます。」

「モクチン」「場のデザイン」「アルスエレクトロニカ」など当社の本が棚にしっくりと馴染んでいる。平積みされている本の数を勘定するとまだ動いていないようだ。棚の前でこの本たちが読者との出会いがあることを願う。

今日は両親と伴に子供たちが絵本を選んでいた。

GORILLA/JAMES TAYLOR(1975)

 この店に入るとジェイムステイラーの「ゴリラ」が僕の頭の中で鳴っていることが多い。このアルバムのいいところは、ひたすら心地よいことである。
彼の声がその要因である。好き嫌いがある声なので、このアルバムがすべての人を心地よくするかどうは定かではない。

時間はゴリゴリと進むこともあれば、気付かないほど速く過ぎていくこともある。ただこのアルバムが流れている時だけは時間が宇宙の法則に従って進んでいることを体感できるのである。この店にいる時と同じように。

-------------

-------------

▼前回の記事

▼こちらの連載もあわせてどうぞ

書店に風は吹いているか


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、当社の出版活動のために大切に使わせていただきます。

ありがとうございます! ご意見・ご感想もお待ちしています◎
6

学芸出版社

建築・デザイン・まちづくりなどの分野で本をつくっている学芸出版社のnoteアカウントです。イベントレポート、ブックレビュー、連載コンテンツ、試し読み記事などをお届けします。 HP|http://www.gakugei-pub.jp/

ロッキン藤原の書店堂々

学芸出版社営業部の名物社員・藤原が、書店での何気ないやり取りを手がかりに、自らのロック遍歴にまつわる雑感をつづります。【毎週火曜・木曜更新】
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。