我々は、どこへ行く・・・       池田清彦『進化論の最前線』

我々はどこから来て

何者であり

どこへ行くのか・・・

人類最大の命題を説く、そのキーとなるのが進化論。

その最前線を説きつつ人類の今とこれからを思考する

池田清彦『進化論の最前線』(集英社インターナショナル新書

ダーウィンとファーブルの進化論での論争について、

現代進化論の主流派であるネオダーウィニストの考えについて、

iPS細胞、ゲノム編集、そして世間を騒がせたSTAP細胞まで

池田先生が語ります。

マンモスは蘇る!かもしれない・・・

そしてお話は生命倫理、さらに人類の今とこれからについて。

我々を待ち受ける運命はやがて悲しき・・・

じっくりとお聴き下さい。

音声はこちらから

定期購読マガジンはこちらから

※音源をダウンロードする場合は、パソコンで画面を開き、

再生ボタン下の「ダウンロード」ボタンより行ってください。

池田清彦

生物学者、評論家。1947年、東京都生まれ。東京教育大学理学部卒業。東京都立大学大学院生物学専攻博士課程修了。山梨大学教育人間科学部教授を経て、早稲田大学国際教養学部教授。構造主義を生物学に当てはめた「構造主義生物学」を提唱。その視点を用いた科学論、社会評論なども行っている。『38億年 生物進化の旅』『「進化論」を書き換える』(共に新潮文庫)など著書多数。最新刊は集英社インターナショナル新書『進化論の最前線』。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつもご愛聴有難うございます。 宜しければサポートお願い致します!

1
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。