どれほど凄い詩人であるのか?天才の真実に迫る。杉田俊介が語る「宇多田ヒカル論」。

15歳での日本デビュー以来、

ミュージシャンとして華々しい活動。

様々な人生の艱難辛苦も体験。

人間活動を経て、再婚、出産。現在、34歳の宇多田ヒカル。

そして日本を代表するミュージシャンとなった

彼女が紡ぐ、“詩”にフォーカスして書き上げられたのが

宇多田ヒカル論 世界の無限と交わる歌』(毎日新聞出版)

果たして、宇多田ヒカルはどんな人生を歩み、何を言葉にしてきたのか?

彼女の詩を読み解くキーワードは、

natural、ULTRA、そして最新アルバムのタイトルでもある「Fantôme」。

そして彼女は如何に世界の無限と交わり、これから何処へ向かうのか・・・

気鋭の批評家が語る、その源泉と凄み。

文学というアプローチから宇多田ヒカルの真実に迫ります。


音声はこちらから

定期購読マガジンはこちらから

※音源をダウンロードする場合は、パソコンで画面を開き、

再生ボタン下の「ダウンロード」ボタンより行ってください。

杉田俊介

1975年、神奈川県生まれ。批評家。法政大学大学院人文科学研究科日本文学専攻修士課程修了。文芸誌、思想誌に文学やサブカルチャーについての批評を発表するとともに、若年層の非正規雇用問題にも深く関わり、その論考が注目される。著書に『フリーターにとって「自由」とは何か』『長渕剛論 歌え、歌い殺される明日まで』『非モテの品格 男にとって「弱さ」とは何か』などがある。最新刊は、毎日新聞出版『宇多田ヒカル論 世界の無限と交わる歌』。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつもご愛聴有難うございます。 宜しければサポートお願い致します!

2

ラジオ版 学問ノススメ(JFN公式)

全国のFM局で放送中「ラジオ版 学問ノススメ」の音声、番組情報を発信してまいります。www.jfn.jp/susume ジャパンエフエムネットワーク公式アカウントです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。