天童荒太、新たなる代表作。『ムーンナイト・ダイバー』を語る。

月夜の晩に海に潜る 男。何故彼は潜る?

私の夫の大切な思い出の品を 探さないでください・・・

サバイバーズギルドという罪悪感を持つのは愛が豊かであるからこそ・・・


『家族狩り』『永遠の仔』『悼む人』・・・

多くの人の心に深く入り込む作家の新たな代表作が誕生。

311後の福島を舞台に、鎮魂と生への祈りをこめて。

ムーンナイト・ダイバー』(文藝春秋刊)

天童さんがこの作品で提示する人間の本質とは?

そしてあの日から5年をどう捉える。

蘇る漲る生とともに、そこに希望はあるのか?

今、我々が向けるべき眼差し、そしてどう動いていく?

じっくりとお聴き下さい。

音声はこちらから

定期購読マガジン購読はこちらから

※音源をダウンロードする場合は、パソコンで画面を開き、

再生ボタン下の「ダウンロード」ボタンより行ってください。

天童荒太

1960年愛媛県生まれ。86年『白の家族』で野生時代新人賞を受賞。93年、『孤独の歌声』が日本推理作家サスペンス大賞優秀作となる。96年『家族狩り』で山本周五郎賞、2000年に『永遠の仔』で日本推理作家協会賞、2009年に『悼む人』で直木賞受賞。2013年に『歓喜の仔』で毎日出版文化賞を受賞。最新作は文藝春秋刊『ムーンナイト・ダイバー』。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつもご愛聴有難うございます。 宜しければサポートお願い致します!

4

ラジオ版 学問ノススメ(JFN公式)

全国のFM局で放送中「ラジオ版 学問ノススメ」の音声、番組情報を発信してまいります。www.jfn.jp/susume ジャパンエフエムネットワーク公式アカウントです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。