蒲田健の収録後記:江口寿史さん

気が済まないんです

江口寿史さんの最新画集「STEP」

圧倒的な描画力と、カラリとした上質な官能が同居する江口ワールド。

様々な事物がモチーフとなるが、本丸は何といっても“女性”。

昔から女性の美しさが好きで、できることなら女性になってみたいとも

思っていた江口さん。でも自身は男性。ああいう風には、現実にはなることは

難しい。そんなジェラシーにも似た憧れを抱き続けてきた。

江口作品は、憧れを精製し純化した結晶として生み出されるもの。

うまくいったときには、憧れの対象に、いくばくかは同化できた感覚に

なるという。だがある意味当然のことながら、完全に同化することは実質的には

不可能である。本質的に果てのない営み。

ここで終点、という客観的な地点はない。

終着点となるのは、ここまででいいかなという主観。

気が済めばそこで終わりにできる。

江口さんは、まだもっと別のところに行けるんじゃないか、まだできそうだと

思い続けている。そしてそれが新たな作品を生み出し続ける最大の

モチベーションとなっている。

デビューから40年以上、還暦を過ぎてなお、巨匠はまだまだ気が済んでいない。

「愛すもの ずっと見続けているから

澱むことなく 常に新鮮」

P.S.今回2点収められている羽生結弦選手のイラスト。各々に込められた

熱量の違いをズバッと指摘する江口さんの奥様の眼力、さすがの一言です。

そして久しぶりのマンガ作品も大いに期待してお待ちしてます!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつもご愛聴有難うございます。 宜しければサポートお願い致します!

2

インタビュアー蒲田健の収録後記

収録後に感じたこと考えたことを語ります!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。