蒲田健の収録後記:三浦しをんさん

好きだと思える人を描く

三浦しをんさんの最新刊「ののはな通信」

この人さえいれば、という心の拠り所となる存在がいるということは幸せなこと。

生きていく上での十分条件ではないかもしれないが、必要条件にはなりうる。

そしてそれが「愛」と呼ばれるものなのかもしれない。

前半は女子高校という“秘密の花園”を舞台にしたドロドロ恋愛ミステリーかと

思わせておいて、後半にかけて、平和、運命というフィールドにまで言及する、

骨太で熱量の高い大河小説とも呼べる今作。

ファンシーなタイトル、装丁だけで手に取るのをためらう人がいるとすれば、

それはあまりにもったいないと声を大にして言いたい。

老若男女問わず、どの層にも読んでもらいたい傑作である。

「誰にでも 色んな人生 ありうべし

      それぞれが持つ それぞれの色」

P.S.マンガが心の駆動力になるというお話は、意外でありやがて納得という

ものでした。その真意は是非インタビュー音声でご確認を!



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつもご愛聴有難うございます。 宜しければサポートお願い致します!

3

インタビュアー蒲田健の収録後記

収録後に感じたこと考えたことを語ります!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。