西加奈子は何を“まく”。『まく子』。

始まりはありきたりなボーイミーツガールの物語。

私だってまき散らしたい!

まだ今でも自転車で坂道を降りるのがオモロいぞ!!


西加奈子、『まく子』(福音館書店)。

直木賞受賞後、満を持して送る長編小説。

まく子とは・・・彼女は何をまく?

ご本人による貴重な朗読もあります。

小さな永遠を終わらせるとはどういうことなのか?

いずれ確実に死んでいく僕たち。

だからこそどう生きていく?

希代の才能、西加奈子が子どものみならず全世代に送る物語。

実はこの表紙にも仕掛けがあり!

気になる方は是非手に取ってみてください。

音声はこちらから


定期購読マガジンの購読はこちらから

※音源をダウンロードする場合は、パソコンで画面を開き、

再生ボタン下の「ダウンロード」ボタンより行ってください。

西加奈子

1977年、テヘラン生まれ、カイロ・大阪育ち。2004年『あおい』でデビュー。07年『通天閣』で第24回織田作之助賞、13年『ふくわらい』で第1回河合隼雄物語賞、15年『サラバ!』で第152回直木賞を受賞。著書に『白いしるし』『円卓』『魚港の肉子ちゃん』絵本『きみはうみ』などがある。最新刊は福音館書店『まく子』。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつもご愛聴有難うございます。 宜しければサポートお願い致します!

7
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。