蒲田健の収録後記:小野雅裕さん


「生命は最終手段の仮説である」byカールセーガン


小野雅裕さんの最新刊「宇宙に命はあるのか 人類が旅した一千億分の八」

7歳の時から宇宙に魅せられてきている小野さん。紆余曲折ありながらも、

その恋にも似た宇宙への思いは、現在NASAジェット推進研究所で花開く。

彼を突き動かす原動力になっているのが、“イマジネーション”。

「人が想像できることは全て実現できる」とはジュールベルヌの言葉。

イマジネーションがあって、いつかそれが現実となり、更にそれがあらたな

イマジネーションのタネとなる。ホモサピエンス=考えるヒトとして、

人類を人類たらしめている大元といってもいいかもしれない、

それがイマジネーション。


その想像の翼を大きく大きく広げて挑む「宇宙に命はあるのか」という難問。

それらしいものが見つかったとしても科学者たちはすぐにそれを「命である」とは

安請け合いしない。「命でない」という可能性のうえに成り立つ仮説を提出し

検証する。そしてあらゆる仮説が否定されたときに初めて「命である」という宣言が

なされる。

果たして我々はその宣言に立ち会う僥倖に恵まれるのだろうか?

様々なイマジネーションの集積がそれを可能にするかもしれない。


「この宇宙 我々だけが 生きている?

         わが想像は 否と言ってる」


P.S.愛娘に会うために2週間おきにカリフォルニアから帰ってくるという小野さん。

愛するものにとことん真摯な方であるとお見受けしました。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつもご愛聴有難うございます。 宜しければサポートお願い致します!

1

インタビュアー蒲田健の収録後記

収録後に感じたこと考えたことを語ります!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。