奥深き「春画」の世界。橋本麻里が語る。

今年2015年。

東京・目白の永青文庫で開催された「春画展」

老若男女。

非常に多くの方が会場を訪れ一大 “春画ブーム”を巻き起こしました。

果たして春画とは何なのか?

そのブームの背景は?

そして春画の楽しみ、嗜みについて・・・

小学館から刊行されている早川聞多さん監修の『SHUNG ART』で

文章を担当されている、橋本麻里さんが語り尽くします。

日本美術に精通する橋本さんならではの

放送では語りきれなかったとっておきの話しもあります。

音声はこちらから。

定額課金はこちらからどうぞ

※音源をダウンロードする場合は、パソコンで画面を開き、

再生ボタン下の「ダウンロード」ボタンより行ってください。

橋本麻里

1972年神奈川県生まれ。ライター・エディター。          国際キリスト教大学卒業。明治学院大学、立教大学非常勤講師。日本美術、工芸などを主な領域として『和楽』『BRUTUS』『芸術新潮』など雑誌での活動の他にNHK「国宝に会いに行く」などテレビでも活躍。       現在、NHK「NEWS WEB」ネットナビゲーター担当。著書多数。    最新刊は早川聞多さん監修、橋本さんが文章を担当された        小学館『SHUNG ART』がある。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつもご愛聴有難うございます。 宜しければサポートお願い致します!

6

あとできく

1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。