いつか母国はなくなるかもしれない・・・『地球にちりばめられて』多和田葉子が語る。

ドイツ在住の作家、多和田葉子。

彼女の最新刊が

地球にちりばめられて』(講談社)

留学中に故郷の島国が失くなってしまったHiruko。

母国を失ってしまった人々が出演するテレビ番組に出たことから

言語学を研究する青年クヌートと出会い、ある目的を抱き旅に出る・・・

“ドイツに住んでいると

本当にそういうことが起こるかもしれないと

考えることがある”

人も言語も地球にちりばめられるということが

実際に起こっているこの現代だからこその臨場感の中で

Hirakoたちの言語を巡る旅はどうなるのか?

“迷惑さが文化を作っていくのではないか・・・”

言語について、アイデンティティについて、文化について、

ドイツでの実体験も含め、多和田さんが熱く語ります。

貴重なお話の数々、じっくりとお聴きください。

音声はこちらから

※音源をダウンロードする場合は、パソコンで画面を開き、

再生ボタン下の「ダウンロード」ボタンより行ってください。 

定期購読マガジンはこちらから

多和田葉子

小説家、詩人。1960年東京都生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。ハンブルク大学大学院修士課程修了。文学博士(チューリッヒ大学)。1982年よりドイツに在住し、日本語とドイツ語で作品を手がける。1991年『かかとを失くして』で群像新人文学賞、1993年『犬婿入り』で芥川賞を受賞。2000年『ヒナギクのお茶の場合』で泉鏡花文学賞、2002年『球形時間』でBunkamuraドゥマゴ文学賞、2003年『容疑者の夜行列車』で伊藤整文学賞、谷崎潤一郎賞、2005年にゲーテ・メダル、2009年に早稲田大学坪内逍遙大賞、2011年『尼僧とキューピッドの弓』で紫式部文学賞、『雪の練習生』で野間文芸賞、2013年『雲をつかむ話』で読売文学賞、芸術選奨文部科学大臣賞など受賞多数。2016年にドイツのクライスト賞を日本人で初めて受賞。最新刊は『地球にちりばめられて』。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつもご愛聴有難うございます。 宜しければサポートお願い致します!

5
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。