津田大介が語る『情報戦争を生き抜く 武器としてのメディアリテラシー』。

この時代、社会で起こっている“情報戦争”の真実。

そしてこれからどうなってゆくのか・・・

ジャーナリスト、メディアアクティビストとして活動を続ける

津田大介が満を持して送る。

情報戦争を生き抜く 武器としてのメディアリテラシー』(朝日新聞出版刊)

情報戦争はいつどうして始まったのか?

その豊富な具体例から何が見えてくる?

そしてその時代、社会で身に纏うべきリテラシーとは?

デマ、誹謗、中傷、ヘイトスピーチ、フェイクニュース・・・

汚染された情報が溢れるこの荒みきったインターネットの中を

それでも我々は未来へと漕ぎ進んでいかなければいけない。

“特効薬は存在しないくらい もはやネットの力は大きくなりすぎた”

“人類にインターネットはちょっと早すぎたのか・・・”

“複数の情報源の確保が必要。具体的には3つ・・・”

今、誰もが知るべき真実、そしてその中から見出す希望。

じっくりとお聴きください。

音声はこちらから


※音源をダウンロードする場合は、パソコンで画面を開き、

再生ボタン下の「ダウンロード」ボタンより行ってください。 

定期購読マガジン


津田大介

1973年生まれ。東京都出身。早稲田大学社会科学部卒。ジャーナリスト/メディアアクティビスト。ポリタス編集長。早稲田大学文学学術院教授。テレ朝チャンネル2「津田大介 日本にプラス+」キャスターほかラジオのナビゲーターも務める。主な著書に『ウェブで政治を動かす!』(朝日新書)『Twitter社会論』(洋泉社新書)『動員の革命』(中公新書ラクレ)、『情報の呼吸法』(朝日出版社)ほか。最新刊は『情報戦争を生き抜く 武器としてのメディアリテラシー』(朝日新書)。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつもご愛聴有難うございます。 宜しければサポートお願い致します!

6

thanks

みんなのフォトギャラリーで写真使用頂いたもののまとめ
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。