映画「リップヴァンウィンクルの花嫁」を語る。岩井俊二が見るこの社会。

@クラムボン

SNSで彼氏を見つけた。何もかもあっさり手に入ってしまった。


岩井俊二待望の長編映画「リップヴァンウィンクルの花嫁」。

関係が希薄で何事もお手軽なこの時代に、

一人の女性が様々な経験を通して生まれ変わっていくという物語。

実に3時間間を越える大作です。

出演は、黒木華さん、coccoさん、綾野剛さん、そしてりりぃさんなどなど

個性的な面々。(「リップヴァンウィンクルの花嫁」公式サイト

この映画について、

そして制作の背景にある岩井さんのこの時代、社会の味方について

たっぷりと伺っています。

ちなみに岩井監督は縁あって最新 猫を飼い始めたということ。

そのことから見えてきたこととは?そんなお話も必聴です!

音声はこちらから

定期購読マガジン購読はこちらから

※音源をダウンロードする場合は、パソコンで画面を開き、

再生ボタン下の「ダウンロード」ボタンより行ってください。


映画の原作は文藝春秋刊『リップヴァンウィンクルの花嫁』。

またこの映画のサウンドトラックCD、「Bride(ブライド)」も

映画の公開に併せて3月26日にリリースとなります。


音楽監督は桑原まこさん。ヘクとパスカル のメンバーであり、

前作のアニメ『花とアリス殺人事件』でも音楽を担当されました。

結婚式でお馴染みのクラシック曲に加え、

ユーミンの名曲「何もなかったように」とCoccoの「コスモロジー」を

含む全19曲を収録。映画の世界観そのままを音に昇華されています。

こちらも是非チェクしてみてください!

岩井俊二

1963年生まれ。1988年よりドラマやミュージックビデオ、CF等多方面の映像世界で活躍を続け、その独特な映像は“岩井美学”を称され注目を浴びる。映画監督、小説家、作曲家等活動は多彩。監督作品は『打ち上げ花火、上から見るか?横から見るか?』『Love Letter』『スワロウテイル』『四月物語』『リリイ・シュシュのすべて』『花とアリス』。海外にも活動を広げ『New York,I Love You(3rd episode)』『ヴァンパイア』を監督。2012年復興支援ソング『花は咲く』の作詞を手がける。2015年初の長編アニメーション『花とアリス殺人事件』が公開し、国内外で高い評価を得る。最新作は待望の長編『リップヴァンウィンクルの花嫁』(3月26日公開)。岩井俊二公式サイト


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつもご愛聴有難うございます。 宜しければサポートお願い致します!

3
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。