哲学とは何か?ニーチェの教えで超人を目指す!原田まりるの哲学小説。

舞台は京都。主人公は17歳の高校生のアリサ。

家族や恋愛のこと・・・

上手くいかない日々を過ごす彼女の基に、ある日、ニーチェがやってきた!

今、コラムニストとしても大人気の原田まりるの初の小説。

ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。

現在大ヒット中の哲学エンターテイメント小説、略して“ニー哲”には

ニーチェを筆頭にキルケゴール、ショーペンハウアー、

サルトル、ハイデガー、ヤスパースら彼女が大好きな実存主義の

哲学者たちが登場。

彼女は彼らとの交流を通して哲学をどう理解しどう成長していくのか・・・

「人は色々なことを既に知っていて、

            その意味を理解し直すのが哲学・・・」

彼女が発する言葉は、

自ら高校生のときに哲学と出会い、

そして成長してきた彼女だからこその優しく易しい言葉。

じっくりとお聴き下さい。

音声はこちらから

定期購読マガジンはこちらから

※音源をダウンロードする場合は、パソコンで画面を開き、

再生ボタン下の「ダウンロード」ボタンより行ってください。

原田まりる

作家・コラムニスト・哲学ナビゲーター。1985年 京都府生まれ。哲学の道の側で育ち高校生時、哲学書に出会い感銘を受ける。著書に、「私の体を鞭打つ言葉」(サンマーク出版)がある。最新刊はダイヤモンド社『ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のことを教えてくれた。』

番組でOAした曲・・・


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつもご愛聴有難うございます。 宜しければサポートお願い致します!

1
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。