見出し画像

“世間とは、普通とは・・・”ドリアン助川が語る『新宿の猫』。

舞台は新宿。

ゴールデン街の小さな居酒屋。

そこに通う駆け出しの構成作家、山ちゃんは店の女性店員、夢ちゃんと出会う。

ドリアン助川『新宿の猫』(ポプラ社)

世間、社会とちょっとズレている二人はやがて惹かれ合う。

仲を取り持つのは新宿の猫たち。

でも、

世間、社会とは何?普通って何?

誰もがちょっとづつズレている・・・

やがて二人は・・・

物語を紡ぐのは、詩人、作家、道化師のドリアン助川。

その人生経験から優しく、切なく語りかけます。


“人と違う道を歩んでも、その違う道で綺麗な花が見つけられればそれでいい”

“一つ一つ具体的にやっていくしかない、後でそれが無駄だとわかっても”

若かりし頃の自分も投影されているというこの物語。

じっくりと語ります。

音声はこちらから

※音源をダウンロードする場合は、パソコンで画面を開き、

再生ボタン下の「ダウンロード」ボタンより行ってください。 

定期購読マガジンはこちらから

ドリアン助川

1962年、東京都生まれ。詩人・作家・道化師。早稲田大学第一文学部東洋哲学科卒。放送作家等を経て、1990年「叫ぶ詩人の会」を結成。1995年から2000年までラジオ深夜放送のパーソナリティを務め伝説的な人気を博す。小説『あん』は十二言語に翻訳され、2017年、フランスの「DOMITYS文学賞」と「読者による文庫本大賞(Le Prix des Lecteurs du Livre du Poche)」を受賞。日本ペンクラブ理事。最新刊はポプラ社刊『新宿の猫』。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつもご愛聴有難うございます。 宜しければサポートお願い致します!

6

ラジオ版 学問ノススメ(JFN公式)

全国のFM局で放送中「ラジオ版 学問ノススメ」の音声、番組情報を発信してまいります。www.jfn.jp/susume ジャパンエフエムネットワーク公式アカウントです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。