不運と思うな。伊集院静からのメッセージ


どんな哀しみであれ どんな苦しいことがあっても新しい幸せは必ずくる。

自分より若いヤツにもの教えるのに優しく説く馬鹿はいない。

自分の為だけに生きないというのは、人が生きる為の必須条件だ。


唯一無二の無頼派作家、伊集院静。

彼が発する一つ一つの言葉にはその人生から培われてきた

強さがある。

シリーズ、145万部を越える国民的ベストセラーシリーズ、

“大人の流儀”

その第6弾となる最新作のタイトルは、『不運と思うな』。

伊集院静が、声を振り絞り“不運と思うな”と説く

その根底にある思いは?

彼だから言い切れる、この時代、社会に対しての思いは?

そして若い世代に伝いたい人生で大切なこととは・・・


たまには、真の大人にガツンと言われたい!

音声はこちらから。

定期購読の配信はこちらから

※音源をダウンロードする場合は、パソコンで画面を開き、

再生ボタン下の「ダウンロード」ボタンより行ってください。

伊集院静

1950年山口県防府市生まれ。72年立教大学文学部卒業。81年短編小説『皐月』でデビュー。91年『乳房』で第12回吉川英治文学新人賞、92年『受け月』で第107回直木賞、94年『機関車先生』で第7回柴田錬三郎賞、2002年『ごろごろ』で第36回吉川英治文学賞をそれぞれ受賞。作詞家として『ギンギラギンにさりげなく』『愚か者』『春の旅人』などを手がけている。最新刊は講談社刊『不運と思うな。大人の流儀6』。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつもご愛聴有難うございます。 宜しければサポートお願い致します!

3

ラジオ版学問のススメ 個人的エディション

番組で取り上げられて、興味をもった(腑に落ちた)書籍を読んでの個人的感想です
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。