『明るい夜に出かけて』。佐藤多佳子、新たなる青春小説誕生。

青春小説の名手、佐藤多佳子さんの最新作、

明るい夜に出かけて

この表紙からも分かる様に、ラジオが舞台となっています。

しかも実在した伝説のラジオ番組、

「アルコ&ピースのオールナイトニッポン」。

この物語の主人公はラジオのヘビーリスナーであり、投稿の職人。

訳あって一年の一人暮らしをすることになり、

近くのコンビニでのアルバイトが始まった・・・


人間関係、挫折、人を好きになること、そして将来のこと・・・

そこに有るのは青春のすべて。そして物語を繋ぐラジオ。


ご自身デビュー前からずっと暖めてきた物語だという。

そして自らもまたラジオのヘビーリスナーだという。


若者への、そしてラジオへの溢れる愛、優しい眼差しがぎゅっと詰まった

『明るい夜に出かけて』の世界を自らが語ります。

じっくりとお聴き下さい。

音声はこちらから

定期購読配信はこちらから

※音源をダウンロードする場合は、パソコンで画面を開き、

再生ボタン下の「ダウンロード」ボタンより行ってください。

佐藤多佳子

東京生まれ。1989年「サマータイム」で月刊MOE童話大賞を受賞しデビュー。『イグアナくんのおじゃまな毎日』で産経児童出版文化賞と日本児童文学者協会賞、路傍の石文学賞を、『一瞬の風になれ』で本屋大賞と吉川英治文学新人賞を、『聖夜』で小学館児童出版文化賞を受賞。『しゃべれどもしゃべれども』は「本の雑誌が選ぶ年間ベストテン」の第一位に輝き、映画化された。著書多数。最新刊は新潮社刊『明るい夜に出かけて』。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつもご愛聴有難うございます。 宜しければサポートお願い致します!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。