羽田圭介、話題のゾンビ小説『コンテクスト・オブザ・デッド』を語る。

あなたは生きているのか?それとも死んでいるのか?

そして生き続ける為に必要なこととは・・・

2015年に『スクラップ・アンド・ビルド』で芥川賞を受賞。

その後、テレビのバラエティやクイズ番組などに登場し

一躍時代の寵児となった羽田圭介さん。

待望の新作は、

コンテクスト・オブ・ザ・デッド』(講談社)

本人が大好きだと言う“ゾンビ”がウヨウヨと登場するサバイバル巨編。

果たしはあなたはこの世界で生き残れるのか!? 

羽田さんのこの時代、社会の見方、

はたまた、作家自身がそして出版社が生き残る為には

どうすればいいのか?

そのキーワードは、コンテクスト=文脈。

じっくりとお聴き下さい。!

音声はこちらから

定期購読マガジンはこちらから

※音源をダウンロードする場合は、パソコンで画面を開き、

再生ボタン下の「ダウンロード」ボタンより行ってください。

羽田圭介

1985年、東京都生まれ。明治大学卒業。2003年、「黒冷水」で第40回文藝賞を受賞してデビュー。2015年、「スクラップ・アンド・ビルド」で第153回芥川龍之介賞を受賞。著書に『不思議の国のペニス』『走ル』『ミート・ザ・ビート』『御不浄バトル』『「ワタクシハ」』『隠し事』『盗まれた顔』『メタモルフォシス』などがある。最新刊は講談社刊『コンテクスト・オブ・ザ・デッド』


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつもご愛聴有難うございます。 宜しければサポートお願い致します!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。