あなたは人ですか?機械ですか?その境界を巡る海猫沢めろんの探求。

あなたは人ですか?本当はロボットじゃないですか?

人間って心が相手にあると思っているだけなんですよ。

今のテクノロジーで本当に幸せになっていますか?

人間は永遠に哲学し続ける生き物・・・


文筆家、海猫沢めろんの好奇を欲する瞳が語るたびに輝きを増す・・・

その最新刊は、

明日、機械がヒトになる ルポ最新科学』(講談社現代新書)

3Dプリンター、アンドロイド、AI・・・

名うてのサイエンティスト(マッド?)にインタビューを重ね

そして辿り着いたのは幸福学を研究する科学者。

7人の最先端科学者を取材し書き上げた渾身のルポルタージュ。

その根底にあるのは“今、この世界では人間(生物)が機械化し、

機械が人間(生物)化しているのではないか”という仮説。

その結末やいかに・・・

そして、そこから見えてくる人がこれから生きていく道筋、

人間の定義は?

はたまた彼がスマホをやめてキッズ携帯を持ち歩く訳は・・・

音声はこちら

定期購読マガジンの購読はこちらから

※音源をダウンロードする場合は、パソコンで画面を開き、

再生ボタン下の「ダウンロード」ボタンより行ってください。

海猫沢めろん

1975年大阪府生まれ。文筆家。様々な職業を経て文筆業につく。主な著書に、『零式』 (ハヤカワ文庫JA)、『ニコニコ時給800円』 (集英社文庫)、『左巻キ式ラストリゾート』(星海社文庫)、『死にたくないんですけど iPS細胞は死を克服できるのか』 (共著、ソフトバンク新書)など。最新刊は、講談社現代新書『明日、機械がヒトになる ルポ最新科学』。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつもご愛聴有難うございます。 宜しければサポートお願い致します!

3
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。