「若さは特権だ」

ではじまる、2年前の朝日新聞・天声人語が出てきた。

大人になっても、まっすぐな心を忘れないようにしたいものですね。個人的に大好きなのは、上から二句目。結びも好き。(以下、天声人語抜粋)

若さは特権だ。あらゆるものを貪欲(どんよく)に吸収する。千葉の中3大石桃子さんは詠む。〈本読めば時間がどんどんすぎていく不思議な力が私を連れさる〉。青春の表現はみずみずしい。秋田の高2佐藤瑞穂さんは〈通学路寝ぐせが揺れるそよ風にノンフィクションの「今日」が始まる〉▼「現代学生百人一首」が、今年も東洋大学から届いた。29回目の今回は約5万7千首が寄せられたという。若者たちの関心の幅広さが入選作からうかがえる▼〈戦争をしてはいけないと訴える語り部さんの顔は必死だ〉中1倉林祥子(しょうこ)。戦後70年の節目は学びの機会でもあっただろう。〈教科書をあと何ページめくったら本当の平和はおとずれるのか〉高2渋谷拓(たく)▼選挙権年齢が18歳に引き下げられることには不安も。〈来年は与えられてる選挙権進路選択も出来ぬ私に〉高2大室花香(はなか)。より若い世代にも自覚が芽生える。〈公民で勉強している選挙権三年後には人ごとじゃない〉中3清水知徳(とものり)▼福島から力強い声が届いた。〈震災時分けが分からず泣いていた今は違うぞ役に立つ時〉高1矢吹由伸。神戸の声も呼応した。〈「またきてね」言ってもらったあのコトバ神戸と東北絶えない絆〉高2橘優佳▼恋のときめきだろうか。〈黒板にうっすら残る日直欄あなたが書いた私の名前〉高2宮崎偲永(しえ)。優しい気持ちが湧いてくる。〈冬が好き雪の匂いもオリオン座も「寒い」と言って繋(つな)がれる手も〉高1小宮山芙(ふみ)。二度と戻らない季節をしっかり抱きしめて。

2016.1.15 朝日新聞「天声人語」より

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

ガオチャオ

何度も読み返したい素敵な文章の数々 vol.5

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。