烏丸御池駅

最寄りの門戸厄神駅を出発し、西宮北口から梅田行きの阪急電車に乗って、途中、十三(じゅうそう)という駅で乗り換えて烏丸まで行き、京都市営地下鉄四条駅まで歩いたのち、そこから210円かけて烏丸御池という駅で降りる。ということを大学時代は週に一回くらい繰り返していた。ほとんど一人で通っていたから誰かと共有する思い出ではなく、自己完結的な色合いが強い。

烏丸御池駅から出ると、道路を挟んだ向かいには大垣書店があって、目の前には名前を忘れてしまったが、スターバックスのようなカフェがあったから授業終わりでお腹が空いていたときはそこで食べるか(先日行ったら潰れていました)、sotoという定食屋で腹を満たしていた。近くにあったマクドナルド(たぶんここも無くなっていた)は日本家屋のような外観で、さすが京都と思ったものだが、ついぞ一度たりとも行くことはなかった。兵庫に戻ってマックを食べた。

駅から少し離れたところには知る人ぞ知るセレクトショップがあって、烏丸御池に行く目当てはそのお店だった。大学時代の思い出はそれしかないといっても過言ではないくらいにショップに通い詰めていた。もちろん服も買うのだけれど、目当ては店員さんとの会話で、閉店時間を過ぎても話し込んでいたからたぶん4時間くらいはものを買わずにずっといた。普通のお店だと迷惑な客と見なされるけれど、店長はむしろ僕の長居を嬉しがってくれていたようで、この音楽を聴いた方が良いよと言ってGeorgie FameのCDを貸してくれたり、たくさんの未知の本を教えてくれたりした。

お互い贔屓のプロ野球チームが同じということもあって、当時は優勝なんて考えられなかった球団の話で盛り上がっていた。60年代のレコードがかかり、異国情緒あふれる店内。ココナッツの香り。イギリスのカーナビ―ストリートにありそう。なんだか異界のようだった。異界は入れ子の構造で、多数存在する。峠、宿場町、境界、烏丸御池などなど。

今でも折に触れて思い出すのは店長との会話だった。彼は「瞬間」を大切にしていた。自分の人生にも大きな影響を与えてくれたので大切な学びはやはり学校の外にある。日常にこぼれ落ちた音を捨ててしまいたくはないからイヤホンをしない、と言っていた。貧乏性のぼくも真似をして、以来、室内を除いてほとんどイヤホンをしない。結婚式で写真は撮らない、とも言っていた。インスタのせいでこれは真似できなくなったけれど、そうだ、結婚式の写真はシェアしてもらえばいい。たくさんの人が撮っているのだから。シェアリングエコノミー。結婚式ではただ、祝えばいいのだ。レンズ越しではなく。ほかにもたくさん教えてもらった。

学生時代はほんとうにたいした思い出がなかったけれど、この烏丸御池での経験だけはっきり、財産だと言える。今度帰省する折には京都で途中下車をして、改めて、結婚おめでとうと言いに行きたい。結婚式では彼が大好きだったレゲエやスカが流れているのだろうか。そうであったら、とても素敵だと思う。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

僕も好きです。
10

岡本尚之

1989年生まれ。編集。誰の役にも立たない雑な文を書きます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。