Gelate

ゲルの研究をやっています。ゲルを使った人工筋肉、スライム、こんにゃく等、ゲルに関する様々なテーマを扱っています。学会・イベントで研究成果の発表もしています。 1人でも多くの人にゲルと化学の面白さを伝えられたらと思います。 ☆高分子学会正会員、仕事は化学研究職。ゲル研究は趣味です。

化粧品の化学

化学技術の宝庫。
そう言っても過言ではないくらい、様々な化学の先端技術や物質が化粧品には使われています。

1990年代半ばまで、化粧は厚ぼったく、一目見ただけで「化粧をしている」と分かるものでした。
しかし、ナノ粒子とその分散技術の登場によって一変します。
ナチュラルメイクの誕生です。

肌に塗布した化粧品が膜となり、その中に含まれた微粒子(酸化チタン、酸化鉄)がシミなどを隠しながら光を散乱させ

もっとみる

移動するリングがもたらす新機能、スライドリング・マテリアル

ゲルは高分子の鎖を橋掛けし、三次元ネットワークを作っています
この橋掛け部分が自在に動いたらどうなるのでしょうか?
近年、この橋掛け部位(架橋点)が動く高分子が開発されました。
スライドリングマテリアルといいます。
それをゲルに応用したものがスライドリング・ゲル(環動ゲル)です。
スライドリング・ゲルは、架橋点が輪っか(リング)になっています。通常、ゲルに力を加えると、分子鎖の短い部分から切れてい

もっとみる

引っ越しました

梅雨時期の引っ越しでしたが、晴れてよかったです。
引っ越した次の日も晴れ。前の日も晴れでした。そう言えば、梅雨入りしてからあまり雨が降ってないような…
まぁそれは置いといて、荷解きは半分以上終わり、転居に必要な手続きも一通り完了しました。
照明の付替えが特に大変でした(天井が高かったので…)。

引越し屋さんの手際の良さを見て、さすがプロだなと思いつつ、自分も頑張ろうと思いました。

ここ数日、引

もっとみる

温度応答性ゲルを使った除湿システム

昨年の記事ですが、温度応答性ゲルを除湿に応用する研究成果が発表されています。
関西大学の宮田研究室とシャープの共同研究によるものです。

使われているのは、32℃を境に親水性・疎水性が変化するN-イソプロピルアクリルアミドゲルです。

32℃未満で親水性となって吸水し、32℃以上で疎水性となって水を排出する特徴を除湿に利用しようという研究です。
しかし、乾燥状態のゲルはあまり吸湿しません。
そのた

もっとみる

Kindleで「蒟蒻の歴史と化学」リリースしました。

Kindle Unlimitedでも読むことが出来ます。
note版(公開終了)から少し加筆修正しましたが、同じ内容です。

最初はnoteで出し、ゲル化の仕組みが分かった後にKindle版も出す予定でした。併売するつもりだったんですが、知人からUnlimitedに登録した方が良いというアドバイスを受け、Kindleのみに変更しました(この場合、Kindle独占販売になります)。

今後、図の微調

もっとみる