第339回:春は暴落やうやう青くなりゆく投資家

日本は春満開ですね。明後日からしばらく台湾。その後東南アジアですので、つかの間の四季を嗜んでおります。

気温差の多い場所の移動が多いのか花粉症なのかわかりませんが、咳が止まりません。早く治ってくれ喉。ただ、発声には問題がないので、取り敢えず商談や記者会見には困っておりません。ド級の案件を一件一件丁寧に畳んでいるので、毎日脳みそが疲れます。産業革命期というのはこんなものなのでしょう。

さて、春を迎え暖かくなりつつ有る季節ですが、マーケットは完全に冷え込んでおり、ずいぶん激しく上へ下へ、逝ったり来たりしております。

春はあけぼのでのんびり昼寝でもしようもんなら速攻でロスカットされるボラティリティです。いや~このボラ最高です。CFD22,000どころ上抜けたときは泣きそうになりましたが、やはりベア相場入りですね。

全ての知力を駆使してマーケットと向き合わないと、身ぐるみ剥がされる感がまさに戦場でたまりません。勿論主役は、関税をネタにした政治闘争です。

この続きをみるには

この続き:4,467文字

第339回:春は暴落やうやう青くなりゆく投資家

松田元

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

松田元

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。