パパお弁当をやってみた

お弁当を食べるのは大好きなゲンヨウです。

娘の学校は規模が小さいので、卒業式の今日は全校で卒業生を送るそうです。午前中で終わるので、午後は学童保育(放課後児童クラブでしたっけ?)です。

学校が午前中と言うことは、給食が無いのでお弁当。妻が昨晩遅くなったので、やってみることにしました。結果は写真の状態。娘にも手伝ってもらって何とか出来た感じです。妻にLINEしたら、「寄るんじゃないかなー」と娘よ、寄ってたらごめん。

”卵焼き”と”ほうれん草とニンジンの炒めたもの”の二つは、一から調理して、ミートボールは、お湯であっためて、チーちくは切っただけ。おにぎりはまるく握るところまでやりました。それを海苔で娘がデコレーションしてました。

お弁当は、空間デザイン

料理は、パパハックに書いているように好きです。でもお弁当は難しかったですね。限られた空間にいかに入れていくのか、イメージが弱くて入れていけない。普段の盛り付けもあんまり三次元意識してなかったんだなぁと気づきました。

卵焼きとか、高さをお弁当箱に合わせた感じで切れば良かったとか、後で気づくことがいろいろ。キャラ弁とか、神のなしうる業にしか見えない。

お弁当を作ってくれる人に感謝

運動会とか何気なくお弁当食べてました。手伝うこともちょっとだけだったのですが、自分で娘の弁当をやってみて、すごい技術だと感謝、感謝なわけです。

自分でもやってみよう

今回やってみて、1)娘を制作過程に巻き込める、2)うまく組み合わせればポイ感じまでできる、3)ちょっと早く起きればできる。ということが分かったので、4月から子どものお弁当の時はチャレンジしてみようと思います。

こどものお弁当と、息子の朝ご飯と自分の朝ご飯に必死で、自分用にお弁当を詰め忘れたので(正確に言うと朝飯で食べちゃった)、昼ごはん食べてきます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

応援ありがとうございます。サポートいただいたお金は学生の相談の時のカフェ代にします。

よっしゃー
3

子育てのつぶやき

子育てネタを書いていきます。 (1)子供たちと接して感じたこと、思ったこと (2)保育園や小学校の役員運営のこと (3)教育ハックとか、面白い方法について だいたい、この辺について書いていこうと思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。