見出し画像

実は鳥取にいるんです

出張が多く見えるゲンヨウです。毎週1回くらい。東京には月1回から2回、そんなもんです。ただ、twitterやFacebookなどでは外に出たときの方が報告しやすいので、どうしても外に出た部分がキラキラ見えてしまいます。

最近はこの認識を何とか変えたいなと思っている自分もいまして、なぜかというと、「鳥取にいないので、相談できない」と思われているからです。

そんなことないぞーと思うのですが、忙しそうっていうのでチャンスを失っている可能性があるなと思うのです。やはり隔月で”会いに行けるゲンヨウさん”をやるしかないかな。

夜にオンライン相談会を複数やるのもありかと思ったり(そうなると鳥取でなくてもできるのですが・・・)。あとは、定期的に夜の鳥取で飲んだくれるとかかな(年々、お酒の量が飲めなくなってますが)。

子供のお迎えとか、晩御飯つくってますとかそういう呟きを増やしたらよいんだろうか。インスタで晩御飯をとりまくるとか。キャラが迷走しそうですが。

いろいろ考えて動きたいと思います。まずは8月下旬に、会いに行けるゲンヨウさんを企画しようかな。Facebookイベントを立ち上げるので、しばしお待ちください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

応援ありがとうございます。サポートいただいたお金は学生の相談の時のカフェ代にします。

褒められると伸びるタイプです
2

中川玄洋@学生人材バンク

鳥取県でNPO法人学生人材バンクを経営しています。 「学生にキッカケを 地域に笑顔を」 鳥取を面白いことを仕掛けやすい街にするため若者、人材の視点で大学生と地域の接点づくり、若者のシゴト創りを伴走型で支援しています。最近は地方こそ副業(複業)を進めるために語っています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。