gfac

制作演出集団・樂FACTORYのメンバーと関係者が、新しいこと試してみよう!とはじめました

珍しくマジメにドキュメンタリーについて語ってみる

珍しく
真面目なことを語ってみる。
常々考えてきたし、ずっとなんとなくだが違和感があったテーマに、
「ドキュメンタリーとかそれに伴うやらせ」がある。
基本的には、
番組として放送している以上、そしてそこに作ったヒトがいる以上、すべてやらせと言っても過言じゃない現実はある。言い切っちゃうけど。
だって、
やらせってのの範囲を広げれば、どんな演出だってやらせと言えるんだからね。
そういう現実を知ってか

もっとみる

旅は体験型になっているとしたり顔

目的を持たないのが旅
調べてから確認に行くのが旅行
人生は旅とかいうと雰囲気いい
マジで
偶然の出会いとか
一瞬のチャンスとか
目的があると目の前のオモシロを見逃してしまう
だから
あんたの目の前のその風景はものすごくラッキーなんだ

ガイドブックに載っている
写真をみて
そこに行きたがる連中の
気が知れない
もうみただろ
いい状態のモノを
写真と同じだって
確認しにいくのかね?
どこまでマジメで

もっとみる

同調圧力キライ

そんなことするなとか
昔ながらの同調圧力はやめろとか
みんなで言ったら
それが同調圧力なんだって
気づけないのが情けない

SNSの盲信者になってるってこと
誰かが定めた決めごとに
踊らされてるだけなのに…
今はいいかもしれないが
また基準だって変わるのに…
それとも自分が基準になったつもりなのかもしれないね

何もかも余計なお世話
悪いことならば
報いがあるよきっと
あんたがそれをしなくていい

もっとみる

行政でこそできるモノ

前に
行政の企画に参加したことがある
CM映像を募集してそれに賞を与えるというものだった
実のなさに辟易した
スポンサーは行政なので
応募してくる作品も行政におもねる内容ばかり
審査会では
次の仕事が欲しいのだろう御用学者や御用アーティストたちが
担当者に媚びへつらう発言を繰り返す
考えてみるに
上っ面だけの
薄っぺらい企画にはもともと力がないのだろうね
イヤだったワケじゃないよ
面白かったし

もっとみる

ジャーナリスト

オレも
ジャーナリストになりたい時期があった
何にもわかってない若僧だったとき
キケンな所に行って
くぐり抜けて
手柄をたてて
名をあげて…と

やりたいからやったんだろうし
ヒトがとやかく言うことじゃない

ただ
こんな騒ぎになったから
次からやりにくいだろうなぁ
そういう意味で失敗だったよなぁ
やり方がマズかったんでしょう
オレもたくさん失敗したから
バカがムリするとどうなるか
ちょっとはわ

もっとみる

ニュースだって個性がないとね

J:COMの「デイリーニュース」に関わって少し経つ
全国各地のホントにローカルなネタを丁寧に拾ってる貴重な番組
平日毎日この量のコンテンツを放送してるんだから
これはものすごい情報量の蓄積になるよね
だけど案の定
コンテンツの質がバラバラで
頑張ってるモノもあれば
シロウトに毛が生えたぐらいのモノもあって…
まぁそれでいいんだろうけど

ニュースに質のバラツキもないだろう…と思う人もいるでしょう

もっとみる