【#参院選】#水道民営化 法案に賛成票を投じた議員を落選させよう!

 2018年の国会で、PFI法 改正案、水道法 改正案に賛成票を投じた国会議員は、上下水道事業へのコンセッション方式導入(いわゆる水道民営化)を推進したといえます。

 2019年7月4日公示、7月21日投開票の第25回 参議院議員通常選挙では、PFI法 改正案、水道法 改正案に賛成票を投じた参議院議員を落選させるべく、運動していきましょう。

 下記のwebページから、参議院 本会議における、PFI法 改正案、水道法 改正案の投票結果(各議員の賛否)を見ることができます。


■ 「PFI法 改正案」参議院 本会議 投票結果(2018年6月13日)
http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/vote/196/196-0613-v011.htm

自由民主党 : 世耕弘成、鴻池祥肇が欠席、他は全員賛成
公明党 : 全員賛成
日本維新の会 : 全員賛成


■ 「水道法 改正案」参議院 本会議 投票結果(2018年12月5日)
http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/vote/197/197-1205-v001.htm

自由民主党 : 世耕弘成、鴻池祥肇、山本順三が欠席、他は全員賛成
公明党 : 全員賛成
日本維新の会 : 全員賛成


 上記の結果から、自由民主党公明党日本維新の会は、上下水道事業へのコンセッション方式導入(いわゆる水道民営化)を推進する政党だといえます。

 落選運動(「○○候補には投票しないで下さい」と呼びかける運動)は、選挙期間外でも、選挙期間中でも、投票日当日でも行うことができます
 しかし、選挙ではマイナス票を投票することはできないため、単に立候補者の個人名を挙げてバッシングすると、売名になってしまい、逆効果となる可能性もあります。

 落選させたい立候補者を落選させるための最も効果がある運動は、「[1] 落選させたい立候補者と同じ政策を掲げる立候補者を擁立すること」、次に効果がある運動は、「[2] 落選させたい立候補者の当落線上のライバルを支援すること」です。

 上記の [1] は現実的ではないため、[2] を中心に行うのが良いと考えます。

 ただし、公選法上、選挙期間外と投票日では、投票依頼(「○○候補に投票して下さい」と呼びかける行為」)をしてはいけないので、ご注意下さい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます。水道民営化を阻止しましょう。

水道民営化反対党(岐阜市)

水道料金高騰、水質悪化を招く水道民営化を阻止し、社会的共通資本としての水道事業、水資源を守ろう。 自治体に「水道民営化をしない決議を求める請願」を提出し、賛同しない議員を選挙で落選させよう。 【Twitter】https://twitter.com/gifu_water
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。