大阪・岬町 ミサキノ編集教室 2日目

少し前、ミサキノ編集教室、2日目。

今回はFacebookがテーマ。

中川が担当した文章の時間、
日根野さんが担当された写真の時間。

そして、ようやく晴れた岬町を
参加者全員で歩き、撮り、書く。

人口が極端に減ってはいない塩屋。
高齢化が進む中、地元にエネルギーがある洲本。

そして、
かつてのフェリー乗り場は今はなく、
静かに穏やかに、
時間が経過する岬町。

街の景色も美しいし、
廃墟も魅力的。

でも、その裏側で
必死に街を元気づけようと
時間を早めて動いている人もいる。

この町の10年後は、
今とどう変化しているのだろう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

「福祉と組めば、上手くいく!」をテーマに、【障がい者福祉】では【伝統工芸、都市農業、空き家問題など】の新しい協働を。まちづくり、教育など、人口減少時代の課題解決に取り組んでいる。

1
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。