見出し画像

大阪市の都市農業のキックオフセミナーが終了!

先週になりますが、
無事に「都市農業のキックオフセミナー」が
終了いたしました!

伝えるプロである
関西テレビアナウンサーの
岡安 譲さん。

作るプロである
ル・クログループ
黒岩 功さん。

選ぶプロである
有限会社ケーエムフーズ
四季彩菜みき 三木勝正さん。

3人のプロフェッショナルのお話は、
どれも現実的で、そして血が通っていて、
会場にお越しいただいた参加者の皆さんからも、

「楽しかった」「勉強になった」という
絶賛の言葉をいただくことができました。

ーーーーーーーーーーーー

企画をする僕たちが伝えたかったことは、

『大阪市内には、「なにわの伝統野菜」をはじめ、
野菜、お米、花など、魅力的な農産物があること』

『2022年には、東京・横浜・大阪の
都市部の農地が無くなってしまう可能性があることを
多くの方々に知っていただくこと』

ーーーーーーーーーーーー

伝え方はいろいろだけど、
登壇者の3名ともに、SDGs時代というか、
今までの経済を追いかけるやり方だけでは
立ち行かなくなること。

そして、

社会課題の解決のために
動き出すことがどれだけ重要か、

いろいろな立場の方とともに動き、
その寛容さを持つことが、
未来を生き抜くために必要か。

そんな学びを発信してくださったことが、
個人的にも宝物のような大切な時間でした。

岡安さん、黒岩さん、三木さん、
そして裏側で助けてくださった大阪市さん、
荒井さん、駆け付けてくださった皆さん、
本当にありがとうございました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

「福祉と組めば、上手くいく!」をテーマに、【障がい者福祉】では【伝統工芸、都市農業、空き家問題など】の新しい協働を。まちづくり、教育など、人口減少時代の課題解決に取り組んでいる。

1

NPO法人チュラキューブ/(株)GIVE&GIFT

NPO法人チュラキューブ/株式会社GIVE&GIFT。「福祉と組めば、上手くいく!」をテーマに、縮小社会を生き残るため、さまざまな産業の小さな経済づくりを仕掛けている。 http://chura-cube.com http://give-and-gift.jp

縮小社会の地域デザイン(農業・漁業・その他産業)

1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。